スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

プロレス界で働く人々



「週刊プロレス」を毎週読んでおり今週号は表紙の棚橋IWGP奪還よりも
70歳となったグレート小鹿が23年ぶりに古巣全日マットに登場し
曙のボディプレスを受けてフォール負けというリポートの方にグッとくるものがありましたが、
それ以上に待ちに待ったのが連載記事の「プロレス界で働く人々」
毎回、リング屋さんや音響屋さんや運転手などリングで輝くプロレスラーを陰で支える
裏方さん一人にスポットをあて取材しており、
裏方さんから見たプロレスの魅力と語る人生模様に読み応えのある連載です。

http://www.sportsclick.jp/magazine/pro_wrestling/new/index.html

今号登場したのは“DDTプロレス”の煽り映像を手掛ける今成夢人監督。
いつか取り上げられると信じてやっと登場しました。
昨年の長岡アジア映画祭で上映したドキュメンタリー「ガクセイプレスラー」の監督です。
肩書きで紹介されるように出身は長岡の方です。

語られる半生は小学生の時にプロレスにハマったものの、
ちょうどJリーグ発足時で周囲はサッカー熱が高まり、
サッカー部員がモテモテとなる時代に関わらずプロレスにこだわり続けて成長、
やがて学生プロレスと運命的な出会いをはたしながら大学時代には映像に目覚め
その時に観たミッキー・ローク主演の「レスラー」に号泣、
発奮してプロレスをテーマにと3万円の製作費テープ代で50時間撮影したものをまとめた
「ガクセイプロレスラー」が大好評となり海外でも評価される結果に。
しかし就職先のテレビ局の容赦ないパワハラに遭って心が病んで退職したところ、
プロレスとの縁で現在のDDTプロレスに辿りつく山あり谷ありの経緯が綴られています。

読んで過酷なのはテレビ局時代に受けた強烈なパワハラ。
御本人は映像を志望してたものの配属先はまさかの営業部、
しかもバリバリのタテ社会の体育会系で受けたシゴキの数々は可愛がりを超越したもので、
普通ならこれは誰でも逃げ出すよなぁと。

ちょうどこのころの今成監督に「第12回長岡インディーズムービーコンペティション」で
ガクセイプロレスラーが審査員特別賞を受賞したので電話でお伝えしたのですが、
心なしか鬱々としていたのはこのせいだったのかと思いました。
しかしプロレスに救われ現在のプロレス興行を盛り上げる大きな要素の煽り映像を
連日連夜徹夜で制作してる姿に大きなやりがいを感じてるようでした。

昨年の長岡アジア映画祭では「ガクセイプロレスラー」の上映と共に
今成監督舞台挨拶も組みましたが急遽DDTの興業が入ったためキャンセルに。
ビデオレターが送られ幼少期からの長岡の思い出を語ってたものの
見ていた一同はおそらく連日徹夜のさなかで撮影されたと思う
今成監督の目の焦点は合ってなく身体の心配をしておりました。
続いて「ガクセイプロレスラー」を上映し、こちらは修正版の上映を希望したものの、
届いたのは無修正の完全版、よって観た人は内緒にしていただきたいのですが、
リリックホールのスクリーンに映し出された時に
舞台裏でマズイなぁと思いながらも密かに快哉してました。
後で映画好きの新聞記者の方は「あれはヤバいんじゃないか」と笑いながら話され
本作を観た後に舞台挨拶に登壇した俳優・中泉英雄さんは
「凄い映画を観た」と開口一番興奮しながら話してました。
いろんな意味でインパクトを残した上映となりました。

余談ですが今成監督の前にDDTの映像を手掛けてたのは
こちらは新潟出身のマッスル坂井さん。
4月にシネ・ウインドで「サウダーヂ」公開初日に
富田克也監督、脚本の相澤虎之助さんの舞台挨拶があり、
ロビーにはプロレスラーを引退し新潟で金型工場を継いだマッスル坂井さんの姿が。
なんでも相澤さんとは自主映画時代の仲間なんだそうで意外な繋がりに驚いてました。

すでに両国国技館を満員にするパワーを持つDDTはまだ長岡で巡業を行っておらず、
いつか今成監督が煽り映像とともに凱旋してほしいと思いました。
そしてお母さんとのエピソードは読んでてホロり。ぜひ手に取ってください

今成夢人監督の活躍を祈念してます。

スポンサーサイト

2012.06.21 | Trackback(1) | 長岡アジア映画祭

夢からこぼれ堕ちた男



入江悠監督「サイタマノラッパー3」がシネ・ウインドで公開されます。
もう昔話を綴るのは鬱陶しいでしょうが
「第5回長岡インディーズムービーコンペティション」授賞式に
「OBSESSION」「SEVEN DRIVES」で監督賞を受賞した際に、
出席した入江悠監督はどこか自信なさそうな暗い目をした長髪のオタクっぽい青年でした。
http://www.mynet.ne.jp/~asia/8th/5imcp/5imcp.html

あの入江監督がその後に「SRサイタマノラッパー」という
面白い青春映画でムーブメントを巻き起こしてるらしいと耳に入り、
youtubeをチェックしていたら
短髪にし目をギラつかせ自信に満ちた入江監督が
地元・深谷の映画館でNHKに紹介されてる姿が映っていました。

早速「第14回」の映画祭にオファーをしたところ次回作の準備にも関わらず快諾、
忙しい中に「SRサイタマノラッパー」の上映と共に足を運んでもらいました。
すでにインディーズ映画の旗手として注目を浴びて天狗になっても構わないのに、
とても腰が低かったのを覚えています。
そして妙に甲高い声も。
ただ観た人はもちろん大絶賛していましたが、
残念ながら集客が乏しく申し訳なく思ってました。

次回作「SRサイタマノラッパー2」の際はラッパーを探して併せてイベント上映でもして、
巻き返しを図りたいと思いながら「第15回」の映画祭にオファーをしましたが、
配給との絡みで映画祭での上映が出来ませんでした。
才能あるインディーズの映画作家はこうして大きくなっていくことを知って
残念というより逆に痛快に映りました。

当時は「SR」をシリーズ化して47都道府県で撮ると宣言してたように思いますが、
さすがにムリというか入江監督にとって次のステップに踏み出すために
とりあえず一区切りとして今回の第3作を手掛けたようです。

次へ踏み出すために全てを終わらすというのは
それまでの積み重ねを清算する意味もあるんじゃないかと思い、
見倣わなければならないのかとも思ってます。

「サイタマノラッパー3」は6月23日よりシネ・ウインドで公開されます。
http://sr-movie.com/

http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-720.html
↑当映画祭での入江悠監督舞台挨拶採録ですが読み返してほろりときました。

2012.05.30 | Trackback(1) | 長岡アジア映画祭

横山善太監督のこと

蟷ク縺帙・譎る俣_convert_20120321214423 (2)

発売中のキネマ旬報の星取表クロスレビューで「幸せな時間」という
ドキュメンタリー映画が公開されてると知りました。
http://peliculazenta.jimdo.com/

監督の名は横山善太とあり、あの横山監督が劇場公開デビューを
果たしたのかとちょっと驚きました。
横山監督は「第12回長岡インディーズムービーコンペティション」で
グループホームを舞台にした「カヲリの椅子」という作品で準グランプリを受賞しました。
http://www.mynet.ne.jp/~asia/15th-12thcompe.html

確か授賞式には愛知県から車で駆けつけていただき嬉しかったです。
「幸せな時間」のあらすじを読むと撮影をし続けた老夫婦の祖母が認知症に、
祖父が癌にと孫娘の視点からとらえた家族の物語のようです。
公式サイトを読むと撮影した武井彩乃さんの祖父母でずっと撮り続けていたようで、
キネ旬にも書いていてましたが武井さんが横山監督のパートナーのハズ。
授賞式でも一緒に来て下さり生真面目な印象の横山監督を
日頃から支え続けていたるのが見ててよくわかりました。
こういった映画つくりも素晴らしいものだと。

「カヲリの椅子」でも認知症をテーマにしていましたが、
それでも横山監督の劇場デビュー作がドキュメンタリーというのが意外でした。
実は横山監督は「第9回長岡インディーズムービーコンペティション」に
おいて「See you」という作品で審査員特別賞を受賞しています。
http://www.mynet.ne.jp/~asia/12th/9th_compe/9th_compe.html

スチール写真を繋げて撮った野心作でしたが主人公の救いのない姿と
独白が悲惨すぎて笑えてしまうかなり毒のある作品でした。
この時も授賞式に武井さんと来て下さり、あの毒のある映画を
撮ったのはどんな人なのかちょっと構えてましたが意外にもとても感じのいい好青年でした。
その「See you」のインパクトが強かったので横山監督は現在、
老境をテーマに続けて作品を撮ってることにちょっとした興味を覚えます。

いづれにしても活躍が本当にうれしく思います。
「幸せな時間」は3月30日まで東京・K‘s cinemaで公開されてます。
http://www.ks-cinema.com/index.html

2012.03.21 | Trackback(1) | 長岡アジア映画祭

受賞者たち

撮影 田口昇氏

「第13回長岡インディーズムービーコンペティション」にて監督賞を受賞した
谷口雄一郎監督「純子はご機嫌ななめ」が、
明日、2月12日「小坂一丁目映画祭VOL10」にて上映されます。
http://kozahon1.jpn.org/ff/10/

また準グランプリの畑中大輔監督「記憶のひとしずく」が
「ゆうばりファンタスティック国際映画祭2012」のフォアキャスト部門にて上映されます。
http://yubarifanta.com/index_pc.php?ct=films.php&langue=21010

今年の夕張の作品の中に以前、受賞した勝又悠監督や坂下雄一郎監督作を見つけました。

勝又監督の名はよく見かけるようになりましたが
「第11回」にて「憂鬱ロケット」が奨励賞受賞となった監督ですが、
その後も映画制作を続けてることを知り嬉しく思いました。
http://www.mynet.ne.jp/~asia/14th/11th_compe/14th-11thcompe.htm

2012.02.11 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

文化映画ベストテン 2011

繧ケ繧ヲ繧ァ繝シ繝・Φ謦ョ蠖ア荳ュ縺ョ骼御サイ逶」逹」_convert_20120205171718 (2)

発売中の毎年恒例「キネマ旬報」2011ベストテンの中で、
当映画祭上映作では文化映画ベストテンに
「ミツバチの羽音と地球の回転」が第5位に選ばれてました。
2011年という年に拮抗した映画だと思うので、
日本映画ベストテンでももっと評価されてもいいハズですが、
それはともかく鎌仲ひとみ監督、スタッフの皆様、おめでとうございます!

http://888earth.net/top.html

また外国映画部門に「酔拳 レジェンド・オブ・カンフー」や「AV」に
票を投じた選者もいて嬉しかったものの、
不思議に思ったのが文化映画部門28位に杉田愉監督「キユミの詩集 サユルの刺繍」が入ってました。
伝統あるキネ旬に杉田監督作の名を見つけた喜びはあったものの、
毎年、この文化映画とはドキュメンタリー、記録映画のことを指すと思ってましたが、
読んでると自主映画、学生映画まで範囲があるようなので
これを機に文化映画とはなんぞやとレクチャーをいただきたい氣が。

http://www.kinejun.com/kinejun/85/tabid/250/Default.aspx

2012.02.05 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。