スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

OVER THE RAINBOW

2011-07-31 001 2011-07-31 002

大林宣彦監督「この空の花」美術部のお手伝いに久しぶりに参加したところ、
東京から続々と新しいスタッフが参加し熱を帯びていました。

中でもいつのまにか大がかりなセットが完成間近で、
その大きさには驚いておりました。

こちらは悪戦苦闘していた作業を再び任されましたが、
作業台が整えられ要領もようやく覚えて順調にこなせることができました。
しかしこの小道具、おそらくスクリーンに映るのは一瞬なんだろうと。
それでも膨大な数を作らなければならないことも映画の世界なんだと思いました。

それと気さくな車両係の方々と手が空いたら一緒に作業をしましたが、
作業の合間にお仕事についてお尋ね。
北海道から九州、沖縄までほぼ全国をトラックとともに駆け巡っているそうです。
一年、旅暮らしというそんな生き方にちょっと羨望したりと。

途中でまたゲリラ豪雨が襲いましたが夕方には見事な虹が輝き、
スタッフの皆さんは大いに喜んでおりました。
明日からのクランクイン、いい前兆になったと思いました。

スポンサーサイト

2011.07.31 | Trackback(0) | 当会ご案内

I WISH

2011-07-30 001 2011-07-30 001

7年前の7,13前夜はパンフレットチラシに協賛広告をいただいたお店に版下を確認に行った後、見上げた夜空から強靭な土砂降りが降り注いでたことを覚えています。
その数日後、水に浸かった家屋の後片付けをしながらチラシの校正をしていました。

そして今回、新潟のシネ・ウインドへ映画祭のチケットを置いていただくお願いをしに行ったところ7年前以上の豪雨を記録したことを知り、泣く泣く「心中天使」の観賞を諦めて飛び乗った高速バスは市街地は避難勧告がされているため、その手前で降ろされて歩いて目にした信濃川、五十嵐川は尋常でないほど水嵩が増して夜の暗闇の中、轟音とともに流れていました。
そしてひっきりなしに市の広報で避難勧告を告げるアナウンスが非常事態なことを知らしめていました。

7年前の悪夢がよぎって辿りついた家屋は幸い無事でしたが、翌朝まさに情け容赦なしの豪雨が降り注いで目が覚めたところ家屋の周囲は冠水、じりじりと水嵩が増していくさまはなすすべもなく、止む気配のない雨雲をただただ恨むしかありませんでした。

このままいけば浸水かと思ったお昼過ぎに雨も小康状態に、やがて陽が差し峠を越えたことが確認できた際に太陽のありがたみを実感できました。

2011-07-30 001 2011-07-30 002

そして目にした信濃川と弥彦山の背となった夕日はとても美しかったりします。

今回の水害で被害に遭われました方々にお見舞い申し上げます。

*画像はいづれも三条で撮影したものです。

2011.07.30 | Trackback(0) | 当会の活動報告

何か、今、世界が変わる時期に来ている気がする…

*長岡出身で現在は千葉にいられる方よりメールが届きました。
「森聞き」をポレポレ東中野で観て心動かされて、ホームページを観たら、
長岡で上映されると知り、ぜひ長岡の友だちに紹介したいとのことでした。
とても嬉しく映画祭のチラシを送り、ぜひお仲間に紹介をとお願いしました。
よろしくお願いいたします。

「森聞き」は第16回長岡アジア映画祭にて2回上映し、
最終日の9月19日は柴田昌平監督のトークもあります。

「何か、今、世界が変わる時期に来ている気がする…」
映画に登場する言葉ですが、1年半前に試写で観た際も強く印象に残りましたが、
3,11を超えてより強い重みをもった言葉になったと思います。



柴田昌平(しばた しょうへい)

1963年、東京生まれ。東京大学卒業。NHK入局、沖縄放送局に赴任する。1992年民族文化映像研究所に入所、日本の農漁村の生活や文化を映像で記録する基礎を学ぶ。沖縄、アジアに関する作品が多く、近年は北欧フィンランドの森と人の関係を描いた番組でも評価を受けている。初の劇場公開作品「ひめゆり」(07)は、国内映画賞8冠を受賞。現在は映像製作会社プロダクション・エイシア代表。

morikiki_logo_red.jpg

森聞き

2010年 日本

DATA

125分/ 日本語/Blu-ray/カラー
英題  “Morikiki Mountains, Students and Sages”
監督:柴田昌平 撮影:那倉幸一
プロデューサー:大兼久由美/小泉修吉
音楽:Rajaton
出演:長谷川力雄/椎葉クニ子/小林亀清/杉本充
製作・配給:プロダクション・エイシア

STORY

「何か、今、世界が変わる時期に来ている気がする…」生き惑い、未来への不安を抱える4人の高校生達が山の中、森の名人と呼ばれる老人たちとの出会いを通し言葉に耳を傾け、乗り越えていく姿を見つめていく。
高校生が森の名人を訪ね知恵、技術、人生を聞き書きする「森の“聞き書き甲子園”」に参加した姿を「ひめゆり」の柴田昌平監督が記録。全く異なる世界に生きる山村暮らしの老人に出会い人生の意味を探す無限の旅へ。

9月13日19時10分~
9月19日12時40分~ 上映後 柴田昌平監督トーク

森聞き」公式サイト http://www.asia-documentary.com/morikiki/

2011.07.29 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

カルチャーショックを起こすほど 時代を変えるわ

2011-07-28 001 2011-07-28 001

「この空の花」美術部は着々と準備進みながらもこちらの慣れない作業は続いて、
悪戦苦闘している中、作業場の倉庫に大林宣彦監督が現れました。

竹内美術監督から美術の説明を受けてしばし談笑していました。

「O君から紹介されたボランティア」として竹内美術監督から
紹介していただき握手をさせていただいた際、
「市民映画館をつくる会のものです。4月はありがとうございました」と
お伝えしましたが、声が小さく伝わらなかったかもしれません。

いづれにせよクランクインが近づいてきました。

2011.07.28 | Trackback(0) | ごあいさつ

アトミック・カフェ

*フジロック開催間近ですが、今年は反核、脱原発をテーマに“アトミック・カフェ・フェスティバル”が復活。
加藤登紀子、斉藤和義、ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザンといったツワモノが登場するようですが、トークゲストに「ミツバチの羽音と地球の回転」の鎌仲ひとみ監督も参加。

当会事務局長はフジロックを愛してやまず毎年足を運び、先ほどもいそいそと作業を終えて駆け足で苗場へ行く準備に備えたようですが片手には「ミツバチの羽音と地球の回転」のポスターを。
鎌仲監督は9月14日の当映画祭にお越しいただくので挨拶をと目論んでいますがはたしてどうなるでしょうか。
フジロックの鎌仲監督トークは7月29日の16時半からのようです。
http://www.fujirockfestival.com/artist/timetable/tt29.asp



鎌仲 ひとみ
映像作家
早稲田大学卒業と同時にドキュメンタリー制作の現場へ。
90年最初の作品「スエチャおじさん」を監督、同年文化庁の助成を受けて
カナダ国立映画制作所へ。93年からNYのペーパータイガーに参加して
メディア・アクティビスト活動。95年帰国以来、フリーの映像作家としてテレビ、映画の監督をつとめる。
主にNHKで「エンデの遺言―根源からお金を問う」など番組を多数監督。2003年ドキュメンタリー映画「ヒバクシャー世界の終わりに」を監督。国内外で受賞、全国400ヶ所で上映。2006年「六ヶ所村ラプソディー」は国内外650ヶ所で上映。
2010年4月、待望の最新作「ミツバチの羽音と地球の回転」を完成!
明治大学、多摩美術大学、国際基督教大学、津田塾などで非常勤講師もつとめる。
著作「ドキュメンタリーの力」「内部被爆の脅威―原爆から劣化ウラン弾まで」
「ヒバクシャー:ドキュメンタリーの現場から」「六ヶ所村ラプソディー ドキュメンタリー現在進行形」など。

陌ケ縺ョ繧キ繝シ繧ォ繝、繝・け髫垣convert_20110727231106 (2)

ミツバチの羽音と地球の回転

9月14日(水) 13:20~ 上映後 鎌仲ひとみ監督トーク
9月16日(金) 19:20~

2010年 日本

DATA

135分/ カラー
英題:Ashes to Honey
監督:鎌仲ひとみ プロデューサー:小泉修吉
音楽:Shing02
制作・配給:グループ現代

STORY

山口県で進む上関原発計画に28年間反対し、島の暮らしと自然を守ろうとしてきた瀬戸内海祝島の人々の姿と、脱原発を国民投票で決め石油にも依存しない持続可能な社会づくりが進むスウェーデンの取り組みを描き、エネルギーの未来と社会のシステムを問う。
エネルギー、暮らしについて問題作を放ち世に問いかけ続けてきた鎌仲ひとみ監督。祝島とスウェーデンを通じて描き出した新しいビジョンに、共感と希望を見出す観客が後を絶たず、3.11以降全国各地で上映の輪が広がっている。

公式サイト http://888earth.net/index.html

2011.07.27 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

旅のしおり

2011-07-25 001 2011-07-25 001

大林宣彦監督の長岡映画「この空の花」の制作部Oさんが、
パソコンを貸してもらえないかと事務所にやってきてきました。

なんでも映画スタッフに配布する“旅のしおり”の原稿を書くためだそうで、
これから始まる長岡ロケの心構えを書き連ねていました。

そして駅周辺の飲食店マップも制作、
Oさんが実際に訪れ気に入ったお店を中心にリストアップしていましたが、
それとなく当映画祭広告協賛に賛同していただいた
お店もおススメしておきましたがはたして、、、

新潟の郷土料理として“栃尾の油げ”は東京でもメジャーになってるようですが、
“のっぺ”を今回初めて口にし称賛していました。

発売中のキネマ旬報に「この空の花」撮影前の大林監督の意気込みがページを割いて掲載されています。
その中に先ごろ発表された主要キャスト以外の出演者の名前が挙げられ、
大林映画常連の名が連ねていますが、
田口トモロヲさん、森田直幸くん、寺島咲さんの名前があり、
いづれも当映画祭ゲストとしてお話しいただいたのでとても嬉しく思いました。

2011.07.26 | Trackback(0) | 当会の活動報告

寝ぐせついた髪にしわくちゃのワイシャツのヒーロー

2011-07-25 001 2011-07-25 002

本日の上映企画室は映画祭パンフレットチラシが納品されたことに合わせて、
プレイガイドへのチケット配布の組み作業をメインに行っていました。

暑い中、久しぶりにたくさんの方が参加していただき作業に汗を流していました
ホントにお疲れ様です。ありがとうございます。

とりあえず出来たチラシは真っ先にながおか市民センターに置いていただくお願いをしました。
ぜひ手に取ってみてください。

2011.07.25 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

われに撃つ用意あり

WARENI

亡くなる前に「大鹿村騒動記」を観たけどいい映画だったよ。

当会副会長がしんみりとグラスを手に呟いていました。

ご存じのように名優・原田芳雄さんが亡くなられました。
当会では数多くある出演作の中で1999年に「白痴」を長岡市立劇場にて上映しています。
浅野忠信さん扮する演出家見習いをサディスティックにいたぶるテレビプロデューサー役を文字通り怪演。
強烈な印象を残していました。

世代によって映画好きの代表作は異なるように思いますが、
こちらは「どついたるねん」「われに撃つ用意あり」、そして「鬼火」の姿に痺れておりました。

特に「鬼火」で出所して印刷所に就職しながらも、
どうしてもカタギの道と折り合いがつかず再びヤクザな道へと突き進む殺し屋役は
得意としたアウトローの集大成だったように思います。
こんなことを書いてはおこがましいのですが。

2011.07.24 | Trackback(0) | ごあいさつ

「あぜみちジャンピンッ!」東京公開開始!

*S東京特派員より「あぜみちジャンピンッ!」東京初日のレポートを送っていただきました。

20110723_104138 (2)

去年の長岡アジア映画祭で上映された「あぜみちジャンピンッ!」が23日、東京で公開されました。
上映館のポレポレ東中野に公開初日に見に行って来ました。
見るのは今回で2回目なのですが、最初見たときには気づかなかった細かなディテールを発見して面白かったです。私の見方ががさつなだけかも知れませんが、映画は何回か見てようやく解るということもあるのだなあと感じました。上映時間は85分ですがかなり濃厚な映画で今時の分かりやすい映画と違った珍しいタイプの映画だと思います。

ポレポレ東中野は節電のため午後の電力消費の激しい時間帯に上映を休み、その代わりに早朝上映を行っていて、「あぜみちジャンピンッ!」の初回も8時50分。
しかし夏休みですし、監督は小さなお子さんにも見に来て欲しいと舞台挨拶で話されていたのでこの時間は好都合かも。子供の朝はラジオ体操から始まりますからね。早朝だけでなく、そのあとも2回上映されるので寝坊した人や遠くからでも大丈夫です。
またポレポレ東中野のHPを見ると舞台挨拶やトークショーが多数開催されるようなのですでに見た人もまた行かれてみてはいかがでしょうか?かなり間近にゲストの方々を見ることができますよ。

ポレポレ東中野公式サイト http://www.mmjp.or.jp/pole2/

2011.07.23 | Trackback(0) | ごあいさつ

100%の愛情はウソなんかないよ

F1000010.jpg

本日のミーティングは映画祭チケット、ポスターが納品されたのに合わせて、
作業をおこなっていました。

また来週25日(月)にはパンフレットチラシが納品されます。
夜は事務所でチケット組作業などで忙しくなりますので、
手の空いてる方お手伝いをお願いいたします。

2011.07.22 | Trackback(0) | 当会の活動報告

竹内公一美術監督

2011-07-21 001 2011-07-21 004

「この空の花」の竹内公一美術監督は「三毛猫ホームズの推理」(98)以降、
「風の歌が聴きたい。」「なごり雪」「理由」「22才の別れ」「転校生 さよならあなた」「その日のまえに」と大林映画の美術を手掛けるベテラン。

新潟には以前、高田を中心に長岡ロケもあった「ふみ子の海」の美術も手掛けており、縁があるようです。

空き時間の間にいろいろとお話を伺いましたが、
特に「理由」の美術セットについて意外なことを教えていただきちょっと驚きました。
もちろん映画美術の世界では当たり前のことだなのでしょうが。

作業に入る段取りとして右腕として支えるMさんから、
この作業で使われるセットはどのような場面で使われるのか教えていただきましたが、
竹内美術監督が引いた図面はもちろんのこと、
部屋の配置やロケ時の場面などの詳細なイラストまで描かれており、
それを見てやはりプロは凄いと感嘆しておりました。

作業小屋では慣れない作業に手こずるこちらに目を光らせていますが、
普段は温厚な紳士という印象で、
将来は映画美術スタッフ志望という学生が汗だくとなって勤しんでおり、
一流の映画人のもとで学ぶとはおそろしくいい経験になるだろうなぁと羨ましいです。

ちなみに某アイドルと仕事した際に撮ったツーショット写真を見せてもらいましたが、
そのアイドルはその撮影後あれよあれよと売れっ子になり、
現在は国民的アイドルと呼ばれるほどの存在で、
以後、竹内美術監督と記念撮影を撮ったら出世すると、
業界では囁かれているらしいです。

しかし見せていただいたイラストから「この空の花」は某所でかなり大規模なロケがあるようで、
これが実現した暁には毎日がお祭り騒ぎじゃないだろうかと想像しました。

2011.07.21 | Trackback(0) | ごあいさつ

10%の焼きもちは愛の裏返し 世界を変えてよ



大林宣彦監督の長岡映画「この空の花」で制作を担当するOさんから、
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1457.html
美術部のスタッフが足りないので手伝わないかとお誘いがあり参加しました。
撮影に入る前に美術部が倉庫を借りて一足先に準備を進めているようでした。

最近の大林映画で美術を担当する竹内公一美術監督と
右腕のMさんが親切に教えて下さり、
映画の中で使われるセットに刷毛やローラーで絵具を塗っていました。
とはいえ初めての経験で塗った絵具にムラが出来たりとなかなかうまくいかないものだと。

倉庫の中は扇風機もなくただただ暑く、、
それでも竹内美術監督とMさんは慣れっこなのでしょう、黙々と作業をこなしていました。
こちらは熱中症防止と称して一仕事終えるたびに麦茶をガブガブ飲んでおりました。

自分なりに結構苦労したこれらのセットが無事に映画に登場したら感慨もひとしおなんだろうと。

倉庫の中にあるファンタジックなセットの数々にどことなくフェリーニの映画を連想したりしてました。

2011.07.20 | Trackback(0) | 当会ご案内

落選!



「玄牝」とは“神秘なる母性”という意味らしいです。

先日、参加したウィルながおか委託事業「市民企画講座」へのプレゼンは
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1462.html
“映画「玄牝」上映と河直美監督トーク”を企画し提出。
冒頭の言葉から企画した意図を話してみました。
ただ単純に映画を観て命が誕生するシーンを観て感動したこと、
これをぜひ長岡でも上映したいこと、
併せて奈良から河直美監督をお迎えしたいと、
時間は余ってしまいましたがプレゼンに熱を奮ったつもりでした。

そこへ本日、事務局から結果が電話で伝えられましたが見事に落選。
審査員の評価は良かったようで、主旨はズレてなかったようなものの、
審査員へこちらの企画意図が伝わらなかった部分があり、
そこをクリアすればなんとかなったのではと悔やむ思いも。

今回のプレゼンはウィルながおか登録団体から当会ともう一組が参加。
合格するのは一組だけなので、それではもう一団体が受かったのかと思いましたが、
意外にも結果は該当者なし。
というわけでまた審査への参加を各団体に呼び掛けてみるそうです。

とはいうものの、これで「玄牝」が長岡で上映される機会の一つが失せたということで、
河直美監督の息子さんは映画「マリと子犬の物語」がお気に入りで、
当会が以前「殯の森」上映会を開いた際に河監督の事務所の方から、
長岡へ行く機会があればぜひ監督と息子さんが
本物のマリに会ってみたいと言ってるそうなので、
よろしければご案内しますと調子に乗って応えてしまいましたが、
今回この企画が通ればぜひ山古志もご案内したかったと思ってただけに残念です。

2011.07.19 | Trackback(0) | 当会の活動報告

虹とスニーカーの頃

2011-07-18 001 2011-07-18 004

本日はひなパンダが当会の現状を視察にやってきて、
HPの更新、チラシの校正、すくらんぶるの進行状況を確認していきました。
普段は東京におりますが、やはり当会のことが気になるようで、
節電に関係なくクーラーもなく、小さな扇風機が生暖かい空気をかき回すだけの事務所で
汗だくとなりながら一つ一つチェックをしていきました。

いつもすくらんぶるは完成したらひなパンダにまず先に読んでもらい感想を伺います。

2011.07.18 | Trackback(0) | 当会の活動報告

「第16回長岡アジア映画祭」協賛広告

shirashi (2)

「第16回長岡アジア映画祭」のパンフレットチラシ制作に関して以下の企業・団体より協賛広告をいただきました。
この場を借りて改めてお礼を申し上げます。
本当に感謝いたします。
ありがとうございます。

BADEN-BADEN
国際映像メディア専門学校
「長岡映画」制作委員会
シネ・ウインド
まるごと生活情報
FMながおか
MY NET

Amber Moon TEL0258-33-2300
大衆酒場 みづよし TEL0258-36-0886
ロマンダムール
味の割烹 一平   TEL0258-36-6764
株式会社 長井印刷所
串鐵          TEL0258-37-3730
BADEN-BADEN Hof
ゲームセンター テクノポリス
株式会社 旗野住研 TEL0250-68-5123
ラ・ボントーン
株式会社 山崎組   TEL0258-35-7131
いろは商店       TEL0258-32-1333
インド料理店 バンヤン TEL0258-29-1000
ワキヤ歯科医院    TEL0258-35-5210
関歯科医院       TEL0258-33-3598
関原酒造
クロスノード株式会社
株式会社 洋琴舎    

株式会社 長井印刷所
et cetera
玉源株式会社
鎌倉茶房書斎亭 TEL0258-34-3432
雑本堂古書店  TEL0258-37-3512
佐田酒店     TEL0258-32-3517
cafe&wine キャラメルママ TEL0258-34-5033
クックテール くぼた TEL0258-36-3055
株式会社 関矢設計事務所 TEL025-799-2122
自然学校ねぎぼうず
写真のナンバー.ワン TEL0258-27-5100
文信堂書店 長岡駅CoCoLo内  TEL0258-36-1360
HAPPY LIFE CAFE
喜多町鍼灸院 TEL0258-28-2101
居酒屋 長岡藩 TEL0258-35-2188
西時計店     TEL0258-33-1719
R´s
長岡米専
アウトドアショップ パーマーク
でくのぼう
長岡グランドホテル
どさん子 蓮潟店 TEL0258-28-2530
(有)清水プレス工業所 TEL0258-24-0878
(株)日本ビデオセンター NVC TEL0258-33-1104
FRORIST GARNET TEL0120303163
グローバル・ワールド「ナルニア」 TEL025-248-5664
山下歯科医院 TEL0258-34-6480
(有)林米穀店 TEL0258-32-2667
有限会社アルトアソシエイツ
長岡市民劇場
cosa-roba
かちんこ TEL0258-36-6739
串屋 和蔵 TEL 0258-34-1466
長信酒店 TEL0258-32-0287
七鐘屋
越後文化的商店 たつまき堂
平和の森コンサート
新潟県十日町市ロケ応援団
市民映画館をつくる会
 
以上、順不同。

改めてご協力をありがとうございます。

なお映画祭チラシは7月25日完成、納品目指して進めています。

2011.07.17 | Trackback(0) | ごあいさつ

第25回福岡アジア映画祭

*S東京特派員の映画祭巡礼記、今回は「第25回福岡アジア映画祭」です。
毎回こちらの映画祭で日本初上映後、公開される作品が多いのですが、特派員が観賞した中で何本公開されるでしょうか。

http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

福岡アジア映画祭に行ってきました。
今年で25回目ということで記念イベントも予定されていたのが、震災のため例年通りの開催になったとのことですが、韓国3本、台湾・インドネシア各1本のコンペ作品はどれもたのしい作品でした。

福岡アジア映画祭2011

「超能力者」韓国 キム・ミンソク監督
カン・ドンウォンとコ・ス、二人の韓流スターが共演した作品。内容は「アンブレイカブルなコ・スがハプニング的な死をもたらすカン・ドンウォンと戦う」というアメコミ・ヒーロー物映画。カン・ドンウォンは他人を自分の意思のままに操ることができる超能力者で、幼い頃からその力を使って人知れず生きてきた男。彼にとって人間は自分の思いのままになる、取るに足らない存在でしかない。しかし彼の前に彼の能力が効かない男が現れた。それがコ・スで、30代になってもフリーターの男が実は不死身のスーパーマンというのがいいです。
シャラマンの「アンブレイカブル」はラストの現実崩壊感が素晴らしかったけど、「ふつうここからスタートだろ!」と思った人も多いのではないでしょうか?キム・ミンソク監督もそう思ったのかもしれません。悪役目線のストーリーというのも珍しい。
あとカン・ドンウォンの子供時代を演じる子役がそっくりなのもすごかったです。

「ハロー・ゴースト」のキム・ヨンタク監督#8207;
「ハロー・ゴースト」韓国 キム・ヨンタク監督
「猟奇的な彼女」のチャ・テヒョン主演。孤児院で育ち天涯孤独で生きてきた主人公は会社もクビになり自殺を決意。自殺は未遂で終ったもののそのショックで幽霊が見える特異体質になってしまった!病院を退院してもまとわり着く4人の幽霊。彼らは生前遣り残したことを彼の体を使って実行したいらしい。なんとか自分から離れてもらいたい主人公はしぶしぶ幽霊たちに自分の体を貸すことにする…
前半は突然子供になったり老人になったりというチャ・テヒョンの変身振りで笑わせつつ、後半はホスピスで働く看護士との出会いから主人公が生きる価値を見つけていく感動作。キム・ヨンタク監督は自分の映画を見る観客にプレゼントをしたいという気持ちで映画をつくっているといいます。この映画が公開されたらぜひ見に行ってください。その際お願いしたいのはあまり情報を集めないこと。そのほうが監督が用意したプレゼントをより味わえると思います。
この作品は福岡アジア映画祭グランプリを受賞しました。

「深夜のFM」のキム・サンマン監督#8207;
「深夜のFM」韓国 キム・サンマン監督
深夜ラジオのパーソナリティー(スエ)は元花形アナウンサーでしたが番組での失敗が元で深夜ラジオに追いやられていて、返り咲きを狙って番組を降板します。
しかし番組の最終回の放送中にリスナーから電話を受ける。それは自分の言う通りに番組を進めないと家族を殺すという脅迫電話だった(狂信的なファンに扮するのはユ・ジテ。韓流スターの彼ですが186センチもあるのでこういうサイコ殺人鬼になると怖いです)。ヒロインが徹底的にひどい目にあう映画。しかしホラー映画は実は道徳的、倫理的な映画であり、ヒロインが受ける仕打ちも実は故なきものではなかったりします。社会的なメッセージが感じられる映画です。

「初恋の嵐」のジャン・フォンホン監督#8207;
「初恋の嵐」台湾 ジャン・フォンホン監督
母親の浮気現場を見てしまった女子高生が浮気相手の息子を巻き込み、不倫を阻止しようと奮闘する青春コメディ。家族の大切さを説くまじめなテーマながら若い主人公たちの謎解きミステリー風のストーリーで観客に楽しませるエンタテイメントにしているところが素晴らしい。成績優秀で勝気なヒロインとそれに振り回されるゲームおたくの劣等生という主人公2人をはじめ、友人、家族などちょっとしか出てこない脇役も生き生きと描く脚本と演出が秀逸。くわえて撮影が都会から田舎の風景まで美しく捉えていいです。しかし台湾は青春ものが得意ですね。ほんと感心します。

「マダムX」のラッキー・クスワンディ監督#8207;
「マダムX」インドネシア ラッキー・クスワンディ監督
ゲイの美容師アダムは仲間たちと一緒に男性優位組織に囚われ、友人を殺されてしまう。からくも脱出したアダムは対抗するゲイ・グループに助けられ、武術を習得、仮面をつけ(女装もして)、「マダムX」に変身して復讐に立ち上がる!
今回のコンペ作の中で一番の異色作。他の作品は商業作品ですがこちらはインディーズ作品で一般公開はほんの短期間だけ上映されただけ。主人公役の俳優はコメディアンで他にも人気歌手が出演しているのに内容のため公開が難しかったそうです。
監督はこどものころテレビで日本の特撮ヒーロー番組の大ファンだったそうで、この映画はその特撮ヒーローもののフォーマットをつかっています。日本の特撮番組をこれほど再現するということに感激してしまいました。また、それだけでなくインドネシアの世情もパロディとして盛り込んであり、ゲイを襲撃するようなグループも実際いるそうです。セレブの間に流行る奇怪な行為(美容のため肌にダイヤを埋め込む)など、インドネシアをよく知っている人ほど楽しめるようです。
そしてテーマ曲がめちゃくちゃかっこいい!思わずサントラが欲しくなりました。

今回見終わって、全作品デジタル撮影だったことに映画がデジタルに変わってきていることを実感しました。しかし上映はフィルムでして、フィルムのよさも改めて感じました。

2011.07.16 | Trackback(0) | ごあいさつ

第16回長岡アジア映画祭  未来に誓う 踏み出す一歩 

第16回長岡アジア映画祭  未来に誓う 踏み出す一歩 

2011年9月13日(火)~9月19日(月祝)
会場 長岡リリックホールシアター

_MG_6660+(3)_convert_20110713235358.jpg
メインゲスト スネオヘアー http://www.suneohair.net/

9月18日(日)13:00~ 「アブラクサスの祭」 http://www.aburakusasu.com/index.html
舞台挨拶

9月18日(日)15:20~ 「雪の中のしろうさぎ」 http://chiiki-eiga.laff.jp/
トーク&ミニライブ

上映・作品スケジュール

9月13日(火)
12:40 開会式 ロマンダムールコンサート
13:00 オープニング
“橋本信一監督追悼上映”掘るまいか 手掘り中山隧道の記録【日本83分】
+“橋本信一監督が残したもの”青木勝氏×小林茂監督【40分】*上映後

horu.jpg
監督 橋本信一 撮影 松根広隆

15:20 ジャライノール【中国 92分】
繧ク繝」繝ゥ繧、繝弱・繝ォ_convert_20110714001010 (2)
監督 チャオ・イエ 出演 リュウ・ユアンシェン
http://www.cinematrix.jp/jalainur/

17:10 ありあまるごちそう【オーストリア 96分】
ariamaru_main_s (2)(c) Allegrofilm 2005
監督 エルヴィン・ヴァーゲンホーファー 出演 ジャン・ジグレール
http://www.cinemacafe.net/official/gochisou/

19:10 森聞き【日本 125分】
「森聞き」メイン-hasegawa+oura(c)プロダクション・エイシア
監督 柴田昌平 出演 長谷川力雄
http://www.asia-documentary.com/morikiki/

9月14日(水)
10:30 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー【中国 116分】
驟疲教繝。繧、繝ウ_convert_20110714003506 (2)
(C)2010, UNIVERSAL STUDIOS, GRAND PLENTIFUL HOLDINGS GROUP LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED
監督 ユエン・ウーピン 出演 チウ・マンチェク/ジョウ・シュン
http://www.suiken-movie.jp/

13:20 ミツバチの羽音と地球の回転【日本 135分】
+鎌仲ひとみ監督トーク【60分】*上映後
E98E8CE4BBB2E381B2E381A8E381BFE79BA3E79DA3s.jpg
http://888earth.net/index.html

17:00 ジャライノール【中国 92分】 
+留学生の皆さんによる母国紹介【10分】*上映前
繧ク繝」繝ゥ繧、繝弱・繝ォ・胆convert_20110714005221 (2)
監督 チャオ・イエ 出演 リュウ・ユアンシェン
http://www.cinematrix.jp/jalainur/
19:10 AV【香港104分】
AV (2)
(c) Media Asia Films (BVI) Ltd. All Rights Reserved./ (c)MakingFilm
監督 パン・ホーチョン 出演 ローレンス・チョウ/天宮まゆみ
http://phc-movie.com/movie.html#movie03

9月15日(木)
17:00~ タレンタイム 【マレーシア 120分】
Talentime_main (1)
監督 ヤスミン・アフマド 出演 マヘシュ・ジュガル・キショー
http://jc3.jp/yasmin.pdf

19:20~ ブンミおじさんの森【タイ他 114分】
+留学生の皆さんによる母国紹介【10分】*上映前
笳弱Γ繧、繝ウ+(3)_convert_20110714010558©Kick the Machine Films
監督 アピチャッポン・ウィーラセタクン 出演 タナバット・サーイセイマー
http://uncle-boonmee.com/top.php

9月16日(金)
10:00 AV【香港 104分】
AVs (2)
(c) Media Asia Films (BVI) Ltd. All Rights Reserved./ (c)MakingFilm
監督 パン・ホーチョン 出演 ローレンス・チョウ/天宮まゆみ
http://phc-movie.com/movie.html#movie03

12:30 バビロンの陽光【イラク他 90分】
『バビロンの陽光』... (2)
© 2010 Human Film, Iraq Al-Rafidain, UK Film Council, CRM-114ura film.
監督:モハメド・アルダラジー 出演:ヤッセル・タリーブ/シャーザード・フセイン
http://www.babylon-movie.com/

14:20 タレンタイム 【120分 マレーシア】  
+留学生の皆さんによる母国紹介 【10分】*上映前
talentime_02 (2)
監督 ヤスミン・アフマド 出演 マヘシュ・ジュガル・キショー
http://jc3.jp/yasmin.pdf

16:50 モン族の少女 パオの物語 【ベトナム 97分】
+留学生の皆さんによる母国紹介 【10分】*上映前
モン族の少女
監督 ゴー・クアン・ハーイ 出演 ドー・ティ・ハーイ・イェン
http://www.imageforum.co.jp/pao/

19:20 ミツバチの羽音と地球の回転 【日本 135分】
繝√Λ繧キ螻ア謌ク縺輔sbee_main02_B5_convert_20110714014207 (2)
監督 鎌仲ひとみ
http://888earth.net/index.html

9月17日(土)
10:20 バビロンの陽光【イラク他 90分】
+市民講座 講師 羽賀友信氏【40分】*上映後
『バビロンの陽光』. (2)
© 2010 Human Film, Iraq Al-Rafidain, UK Film Council, CRM-114ura film.
監督:モハメド・アルダラジー 出演:ヤッセル・タリーブ/シャーザード・フセイン
http://www.babylon-movie.com/

12:50 放課後 【日本 20分】
「放課後」スチール.. (2)
監督・撮影・編集・ナレーション 小林茂

+「普通の生活」ー福島 2011年 春ー 短縮版【日本 20分】
+風の波紋 ラッシュ上映【日本 20分】
「ここで生きる」対談 小林茂監督×吉田泰三カメラマン【40分】

14:40 海洋天堂【中国 98分】 *音声アシストあり
+留学生の皆さんによる母国紹介【10分】*上映前
縲取オキ豢句、ゥ蝣ゅ?峻ub1_convert_20110714015225 (2)
(C)2010,Nice Select Limited.All Rights Reserved.
監督 シュエ・シャオルー 撮影 クリストファー・ドイル 音楽 久石譲
出演 ジェット・リー/ウェン・ジャン/グイ・ルンメイ
http://kaiyoutendo.com/

16:50 第13回長岡インディーズムービーコンペティション【90分】+ 
NINIFUNI【日本 42分】
NINIFUNI (2)(C)ジャンゴフィルム/真利子哲也
監督 真利子哲也 出演 宮将/山中崇/ももいろクローバー
http://www.cofestapao.jp/details/movie/

19:30 チョン・ウチ 時空道士【韓国 136分】
縲後メ繝ァ繝ウ繝サ繧ヲ繝√?阪Γ繧、繝ウ_convert_20110714020656 (2)
(C)2009 CJ ENTERTAINMENT,UNITED PICTURES & ZIP CINEMA.ALL RIGHTS RESERVED
監督 チェ・ドンフン 出演 カン・ドンウォン/キム・ユンソク/イム・スジョン
http://www.jeonwoochi.jp/

9月18日(日)
10:00 ありあまるごちそう【オーストリア 96分】
+ディスカッション【20分】*上映後
ariamaru_sub_2_s+(3)_convert_20110714081851.jpg (c) Allegrofilm 2005
監督 エルヴィン・ヴァーゲンホーファー 出演 ジャン・ジグレール
http://www.cinemacafe.net/official/gochisou/

13:00 アブラクサスの祭【日本113分】 
スネオヘアー舞台挨拶 司会 棚橋和博氏((株)ジョイフルタウン代表取締役)
*上映前
main_convert_20110714082303 (2)(C)「アブラクサスの祭」パートナーズ
監督 加藤直輝 出演 スネオヘアー/ともさかりえ/小林薫
http://www.aburakusasu.com/index.html

15:20 雪の中のしろうさぎ【日本 33分】
+スネオヘアー トーク&ミニライブ
五藤利弘監督×棚橋和博氏 バックスクリーン(「雪の中のしろうさぎ」応援隊)
【60分】*上映後
68d9ccd4d7f8ec441688299314010809+(3)_convert_20110714091610.jpg
(c)2011「雪の中のしろうさぎ」製作委員会
監督・脚本 五藤利弘 音楽 スネオヘアー 
出演 岩尾望(フットボールアワー)/石橋杏奈/あべこうじ/中尾伸吾(ノンスモーキン)/菊池大助(ノンスモーキン)
http://white-rabbit.laff.jp/

17:25 ブンミおじさんの森 【タイ他 114分】
 笳弱し繝・+(3)_convert_20110714211736©Kick the Machine Films
監督 アピチャッポン・ウィーラセタクン 出演 タナバット・サーイセイマー
http://uncle-boonmee.com/top.php

19:35「長岡・監督特集/長岡製造」
ガクセイプロレスラー【日本 22分】
imanari3 (2)
監督 今成夢人 出演 エロワード・ゲネロ/アーナルガ・シワクチャジャネーガー他

half awake【日本 23分】
half awak.. (2)
監督・脚本 東條政利 出演 中泉英雄/芳賀めぐみ

けさらんぱさらん【22分】
けさらんぱさらんス.. (2)
監督・脚本 五藤利弘 出演 夏刈良/広瀬麻百合/坂井昌三/三浦景虎 ほか

今成夢人監督、東條政利監督、五藤利弘監督舞台挨拶【40分】 
 
9月19日(月祝)
10:00 チョン・ウチ 時空道士【韓国136分】
縲後メ繝ァ繝ウ繝サ繧ヲ繝√?阪し繝・_convert_20110714020833 (2)
(C)2009 CJ ENTERTAINMENT,UNITED PICTURES & ZIP CINEMA.ALL RIGHTS RESERVED
監督 チェ・ドンフン 出演 カン・ドンウォン/キム・ユンソク/イム・スジョン
http://www.jeonwoochi.jp/

12:40 森聞き【日本 125分】
+柴田昌平監督トーク【45分】*上映後
shibata-(nago-1)+(3)_convert_20110714103020.jpg
監督 柴田昌平 出演 長谷川力雄
http://www.asia-documentary.com/morikiki/

15:50『杉田愉監督特集』
キユミの詩集 サユルの刺繍【30分】
kiyumi+s+poetry+and+sayuru+s+embroidery_convert_20110714103709 (2)
(c)2010 Film Grand Fouette All Rights Reserved.
監督・脚本 杉田愉 出演 丸山桃子/品田涼花

花に無理をさせる【日本 7分】
Mothers_convert_20110714103845 (2)
(c)2009 Mothers Productions All Rights Reserved.
監督・脚本 杉田愉 原案・脚本 湯本眞子
出演 丸山桃子/富永りつ子/品田涼花/甲斐真弓

杉田愉監督 丸山桃子 品田涼花トーク 司会 小林三四郎氏 【45分】*上映後

17:30 クロージング上映 ソウルのバングラデシュ人【韓国 107分】
ソウルのバングラデシュ人16A-3109(c)キノアイジャパン
監督 シン・ドンイル 出演 ぺク・ジニ/Mahbu Alam Pollob

料金
前売(発売中) 
   1回券900円、3回券2400円、フリー券5500円(7日間有効) 
   平日1日券 1500円 *土、日曜、祝日は1日券はありません。
当日 一般・学生1000円、
   高校生以下、障害・療育手帳をお持ちの方、介助の方 600円
   平日1日券 1800円 *土、日曜、祝日は1日券はありません。 
      
*映画祭実行委員随時募集中!
詳しくはお問い合わせください。

主催 お問い合わせ 市民映画館をつくる会 TEL/FAX0258-33-1231

メールお問い合せ:tsukurukai@lds5.com

公式HP
http://www.mynet.ne.jp/~asia/

2011.07.15 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

ロケっち 旅行記

20110703Momoko Maruyama (2)

新潟日報夕刊の連載企画“ロケっち 旅行記”。
月二回の掲載で新潟県内で撮影された映画のロケ地を辿る人気企画です・

本日掲載されてるのは杉田愉監督作「キユミの詩集 サユルの刺繍」。
舞台の一つの赤坂山公園で杉田監督と主演の丸山桃子さんが撮影を振り返っています。

杉田監督はあまり手の内を明かさないスタンスだと思いますが、
意外と取材に答えて撮影秘話を披露しています。

それで記事の最後に「キユミの詩集 サユルの刺繍」が
今年の長岡アジア映画祭で上映されることが載っています。

明日のこのブログで今年の映画祭の上映作、スケジュールを掲載したいと思います。

画像は“ロケっち”取材時の丸山桃子さん。
この笑顔と佇まいを見ると逸材と確信できるように思いました。

2011.07.14 | Trackback(0) | お知らせ

道端の草みたいに 誰にも知られていない気分はどうだい

2011-07-12 002 2011-07-12 001

映画祭ポスター、チラシの校正作業という細かい作業が待ち構える中、
またもプレゼンへと参加しました。

今度はウィルながおか委託事業「市民企画講座」へとプレゼン審査。
今回はプレゼン時間が10分となった結果、だいぶ時間が余ってしまい、
審査員からの質問時間を経てもなおあまり、
仕方ないのでバカ話をして、審査員を笑わせてしまいました。
たぶん呆れただろうなと。

提出した企画はある映画上映会とともに映画監督をお招きしてのトークなのですが結果は如何に?

2011.07.13 | Trackback(0) | 当会の活動報告

すくらんぶる#62 始動!

2011-07-12 001 2011-07-12 001

当会発行のフリーペーパー“すくらんぶる”。
映画祭に合わせて62号を9月1日発行を目途に動き始めました。

現在、編集長が企画を提案し、それに沿ってふさわしい方に原稿依頼をしています。
今回も映画人の方々等に依頼をしています。

皆さん厚意で引き受けて頂いており、本当にありがたいです。

2011.07.12 | Trackback(0) | 当会ご案内

1から10まで愛してほしい

2011-07-08 001 2011-07-08 001

本日のミーティングは会長も交えて映画祭の今後のスケジュールを確認。

それとは別に真面目な話、いろいろ思うところがあって早く肩の荷を降ろしたいと思いました。

あと「第13回長岡インディーズムービーコンペティション」の応募は締め切りました。
出品していただいた監督の皆様ありがとうございます!

2011.07.11 | Trackback(0) | 当会の活動報告

「あぜみちジャンピンッ!」東京公開



西川文恵監督「あぜみちジャンピンッ!」は新潟先行公開を終えて、
いよいよ7月23日からポレポレ東中野で東京公開が始まります。

ポレポレでは8時50分からの回はスーパーモーニングと称して当日900円で観賞できます。
さらに初日の舞台挨拶では西川監督、大場はるかさんに加えて渡辺真起子ささんも登壇予定です。

詳細はポレポレ東中野公式サイト http://www.mmjp.or.jp/pole2/

2011.07.10 | Trackback(0) | お知らせ

ぽっかりした心に子ども達が入ってきた。

201107091332 (2)


長岡市国際交流センター「地球広場」にて“伝えたいケニア”と題した
松下照美さんの講演会に参加しました。

「チョコラ!」のショートバージョンを流した後に、
小林茂監督がケニアでの撮影後「コバの病気が良くなりますように」と祈った子どもの言葉を
翻訳して知ってから映画の方向性が見えたと話した後に、
松下照美さんがマイクを持ち、これまでの人生を振り返りました。

かつて「核時代をどう生きるか」をテーマに反核運動を展開したものの行き詰まり、
さらに最愛のパートナーを亡くした後に小林監督とともにウガンダを訪れ、
そこでのボランティア経験で「ぽっかりした心に子ども達が入ってきた」と。

以後、ケニアのティカで「NGOモヨ・チルドレンセンター」を立ち上げ、
ストリート・チルドレンのケアに尽力、
現在念願の「子どもたちの家」を設立しこれまで以上に力を注いでるようでした。

しかし最近の「子どもたちの家」の様子をビデオで流した後に、
武装した強盗団に襲われた話をされてショッキングでした。

現在、ティカも発展の只中にあるようで高層アパートがどんどん進出するに伴い、
スラム街は一掃されるなど貧富の格差が必然となり、
仕事がなく先鋭化した若者達の一部が強盗団となっているようでした。

社会の上の方の繁栄が下に反映されてないというのはどこの国も同じかもしれませんが、
65歳になられた松下さんの健康と活躍を祈念いたします。
話を聞いてるだけでケニアへの貢献はとても大きいことは理解できました。

これから山形、秋田、北海道を北上した後に仙台に行き東日本大震災の犠牲者に合掌するそうです。

モヨ・チルドレンセンター http://moyo.jp/mcc.htm

2011.07.09 | Trackback(0) | 当会の活動報告

夏ダカラ!

2011-07-08 001 2011-07-08 002

「6年前ドイツ映画ではお世話になりました。
今回大林映画でスタッフをさせて頂いております。~」

不在時に事務所に名刺が挟まっており、
裏面には手書きで文字が並べられていました。
とてもお世話になったのはこちらの方なのですが、
6年前、長岡を拠点に撮影されたドイツ映画「漁師と妻」の日本側スタッフOさんでした。

すぐに連絡を取って歓談させていただきましたが、
ひょんなことから「風の歌が聴きたい。」の現場スタッフに参加して以降、
大林映画の常連スタッフとして活躍、
「理由」「その日のまえに」では役者としても、
また大林監督の著作にも登場しています。

6年前の「漁師と妻」の現場には当会からこちらも含めてお手伝いで2名が参加。
35mmのフィルムがまわる貴重な現場で、
Oさんはじめ個性的なスタッフと過ごした1週間の現場はとても刺激に満ちた忘れられない体験でした。

歓談の場では当時の思い出話にいつしか花が咲き、
スタッフの皆さんの近況も教えていただき感慨深くなったりと。

中でも「漁師の妻」のヒロイン、アレキサンドラ・マリア・ララはその後、
「ヒトラー 最期の七日間」やフランシス・F・コッポラ監督の「コッポラの胡蝶の夢」で主役級で登場するなど、国際的なブレイクを果たしました。
当時ツーショット写真をお願いしたら肩を組んでくれたこちらの自慢話を話したら、
Oさんは指圧を施したなんて話を披露し盛り上がったりと。
今や国際女優となった彼女はOさんの指圧で癒されたことを覚えているでしょうか。
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-89.html

今回の「この空の花」ではOさんは制作部を担当。
「漁師の妻」で見た制作は現場の撮影が終わると、翌日の準備のため一番遅く寝て、
翌朝は一番早起きして現場の準備に携わるとてもハードな持ち場だったという印象でしたが、
数々の大林組の現場で汗を流し監督の信頼を得ているOさんがいるなら引き締まるだろうと思いました。

「漁師と妻」の時はロクに長岡を見ることもなかったそうですが、
今回は山本五十六生家や戦災資料館などに足を運んだ中、
殿町の有名な長崎ちゃんぽんのお店を本場・長崎よりうまいちゃんぽんだ!と大絶賛していました。
こんな形で気に入ってくれればとこちらは長岡のおススメの食べ物屋さんを紹介しておりました。
もちろん大林監督が食べて称賛していた尾道ラーメン「七鐘屋」(蓮潟に引っ越しました)も。

しかし「漁師と妻」から6年、まさか長岡で大林映画で再会することになるとは、
そしていよいよ映画撮影が始まることを実感しました。

ただ話しててつくづく感じたのはこちらはまだ尾道へ行ったことがないことです。
これで大林映画ファンだと名乗っても少々嘘くさいのではないかと自戒しておりました。

PS
と書いてたら「漁師と妻」は今年のあいち国際女性映画祭で上映されるようです。
http://www.aiwff.com/films/the-fisherman-and-his-wife.html#

2011.07.08 | Trackback(0) | 当会ご案内

平和の森

20110417 (2)撮影 降旗慈氏

長岡で恒例となっている「平和の森コンサート」が今年も8月1日の長岡空襲の前日、
7月31日に平和の森公園で開かれます。

今年は特別ゲストとして大林宣彦監督が登場します。
「この空の花-長岡花火物語-」の舞台の一つが平和の森公園となり、
これから始まる映画への思いをロケ地でお話しされるかと思うので注目です。

「第17回平和の森コンサート -折鶴の舞う この空へ-」

日時 7月31日(日)午後6時半~

会場 平和の森公園(本町3丁目 柿川沿い)
   ・雨天の場合 中島小学校体育館にて

*入場無料

出演 
■梅原司平/鈴木裕子

■長岡少年少女合唱団

■平和の森ミュージックスタッフ
 渡辺優子
 DUOセッション
 ベルフィール

■藤井芳 (司会)

<特別ゲスト> 大林宣彦監督

主催 平和の森コンサート実行委員会

事務局(問合せ) TEL/FAX 0258-29-1673(渡辺美子)

平和の森公園には以前、「ひめゆり」を上映した際に大兼久由美プロデューサーをご案内したところ、園内にある“平和像に”大兼久プロデューサーは合掌し冥福を祈っていました。
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-255.html

2011.07.07 | Trackback(0) | お知らせ

この地球の平和を本気で願ってるんだよ!

2011-07-04 001 2011-07-04 001

永遠に続くかと思った映画祭パンフレットチラシ原稿書きが山場を越えて、
あとは校正の確認など細々と詰めて無事に校了となることをただ期待したいです。
ひと波乱ありそうなイヤな予感は脇に置いて。

とりあえず身体が空いたので広告協賛依頼に回っていますが、
この本当に厳しいご時世にもかかわらず、
毎年のことだからと承諾いただいてる方々と話を交わすと自然に目頭が熱くなってきます。
このような方々にも支えられていることにただ感謝です。

広告協賛依頼も山場を越えたら次はポスターの打ち合わせ。
今年もレバノンからのカーラさんが担当してくれます。

2011.07.06 | Trackback(0) | 当会の活動報告

6月19日奥村和一さんのお別れ会の報告

*mixiのコミニティ“長岡アジア映画祭☆東京支部”の
トピックに「蟻の兵隊」の主人公・奥村和一さんのお別れの会の報告が掲載されたので
東京特派員の許可をいただきこちらに転載します。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=62928925&comm_id=5195174

1045886442_86.jpg

6月19日奥村和一さんのお別れ会の報告

「第11回長岡アジア映画祭」で上映した「蟻の兵隊」の主人公・奥村和一さんが
5月25日に永眠され、19日にお別れ会に参加してきましたので報告します。

会場はSpace&Cafe ポレポレ坐(シアター「ポレポレ東中野」と同じビルの1階)でした。

受付で蟻の兵隊のパンフレットと缶バッジをいただきました。

私は開始時刻の13時ぎりぎりに到着したのですが、用意されていた席はほぼ埋まっていました。後から来た方も大勢いたので100名以上の方がいらしゃったのではないかとおもいます。

会場前方にステージがあり、その脇に奥村さんの写真パネルがありお花とお酒が供えられていました。
そのパネルを見て改めて奥村さんは美形だなぁとおもいました。

まず映画「蟻の兵隊」の監督 池谷さんのお話がありました。

奥村さんは何度もがんになっても今まで何回も治してきたこと。病室で「放射線治療の嘘」(タイトルは違ったかも)という本を読んでいて監督は奥村さんの追及する姿勢はすごいなあとおもったこと。最後に蟻の兵隊の上映会に奥村さんが治療の合間をぬってきてくれたのは今年の2月だったこと。亡くなる直前までテレビのチャンネルを操作していたこと。奥村さんはお酒が好きで記者をされていたとき一升瓶をそばに置いて原稿をかいたこともあったと本人から聞いた話。

途中監督が涙ぐむ場面もありました。

映画の話。奥村さんに会った瞬間映画の主人公の顔だと監督は思われたそうです。中国ロケで当時80歳を過ぎていて、胃がんで胃を摘出し普段あまり食べない奥村さんの体力がもつか心配していたそうです。でも、奥村さんは普段食事をあまりとらないのに、中国ではすごくよく食べてくれて、映画に対する意気込みを感じたそうです。他にもこれはどうしても映画にしなければいけないと監督が感じた話などがありました。

蟻の兵隊を観る会というのがあって、蟻の兵隊のちらしを手渡しで10万枚配った話。学生から70代の方まで参加されている話を聞いてやはり奥村さんの人柄、人望のすごさを感じました。

30分余りの奥村さんの魅力的なお人柄の話は笑いもあり、ほのぼのしたものもあり、映画の中で山西残留問題を真摯に追求していたのとはまた別の一面を引き出していて、若輩者の私がいうのもなんですが、「奥村さん」という人間の奥の深さをまたさらに知ったような気がします。

監督の話の後、蟻の兵隊の上映がありました。
個人的に、前に見てわからなかったところも今回は意味がわかってよかったです。他に映画の本筋とは離れますが、もっと真面目に生きないと、こういう風に年をとりたい。奥村さんのわかりやすい話し方は前は気付かなかったけどすごいという個人的な気づきもたくさんいただけました。

上映後半、奥村さんの写真パネルの前の花の包装がバリバリなって(それまではなかった)、花束が倒れてきたのは、奥村さんがいらしゃったのかなと少し思いました。

上映後は歓談タイムでした。

お酒とお料理がとてもおいしかったです。

奥村さんが集めた山西残留問題の資料の展示もあり、拝見しました。

最初はわからないで話していたのですが、偶然劇中に出演されている宮崎さんの娘さんの増本さんと隣になりお話させていただきました。貴重な話も伺う事ができました。

ステージでは蟻の兵隊を観る会の方、奥村さんのご長男、カメラマンの方、奥村さんを撮影した写真家の方、劇中に登場される金子さんのご家族の方、劇中に登場される宮崎さんの娘さんのお話が続きました。

お酒もはいり、みなさんくだけたかんじになり、奥村さんの話で会場全体が盛り上がりました。
17時までの会でしたがあっという間で名残惜しかったです。

お別れ会のような会には初めて参加しましたが、本当によい会でした。

奥村さんありがとうございます。

心からご冥福をお祈りいたします。

2011.07.05 | Trackback(0) | 当会の活動報告

ねえ 安心させて 不安 感じてる毎日

2011-07-04 001 2011-07-04 002

現在、「第16回長岡アジア映画祭」パンフレットチラシの原稿書きに突入。
いろいろ後回しをしてたため、膨大なツケとなり完全に首が回らなくなりました。

それと並行してスケジュールの組み直しや校正などの確認依頼、
上映できるかまだ確定してない作品があったり
そこへ上映作品の飛び込みが入ったりと。

もう16回なので普通なら慣れるものですが、
そんな気配は全くなく追い詰められてここ数日身動きがとれないまま綱渡りとなっています。

原稿書きが終われば山場を超えるというわけではなく、
すぐに広告協賛のお願いにまわらなければ。

それでも新たに広告協賛に賛同いただける方がいらして本当にありがたく思います。
一口5千円から集めていますのでこのブログを読んでいる方で賛同いただけましたら連絡お願いします。

あと「第13回長岡インディーズムービーコンペティション」は今週金曜8日が締め切りです。
こちらもよろしくお願いします。

そして編集長は“すくらんぶる61”を映画祭に合わせて発行しようと準備を始めてます。

2011.07.04 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

ケニアから松下照美さん新潟入りイベント‏

小林茂監督より松下照美さんの新潟県内でのイベントのご案内が届きましたので、
抜粋してお知らせします。

松下さん写真 (2)

私は長岡在住のドキュメンタリー映画監督小林茂と申します。
ケニアのストリートチルドレンの映画「チョコラ!」を2009年から公開。
同時にケニアで活動する国際NGO「モヨ・チルドレン・センター」の新たな孤児院「子どもたちの家」の建設キャンペーンを展開しました。
2010年11月完成。それを機に透析をしながら、映画に登場する子どもたちに見てもらうべく、ケニアを再訪しました。
新潟県内の方々には以下のようにケニアから松下照美さんが来県されますのでそのイベントのご案内を送信させていただきます。

7月6日(水) 午後7時~三条市みずすまし茶話会 TEL 0256-33-7793
松下照美さんトーク「ほとばしる生命力~ケニアの子どもたちと歩んで」

7月7日(木) 午後7時~長岡市 日本キリスト教団 長岡教会 TEL 0258-33-7463
「チョコラ!」上映(ショート版)小林茂監督トーク
特別講演 松下照美(NGOモヨ・チルドレン・センター)
   「ほとばしる生命力~ケニアの子どもたちと歩んで」

7月9日(土) 長岡市国際交流センター地球広場(市民センター内) TEL 0258-39-2714
~ぶらり地球旅行~伝えたいケニア
午後1:30~3:30分
① ケニア紹介
②「チョコラ!」上映(ショート版)
③ 特別講演 松下照美(NGOモヨ・チルドレン・センター)
   「ケニアで子どもたちと過ごして」
先着60名。問い合わせ 0258-39-2714(地球広場)

7月10日(日) 豊栄地区公民
新潟市北区東栄町1-1-15  ☎ 025・387・2014参加協力費  
大人1,000円 高校生以下無料
13;30 開演 (開場13:00)
13:35~13:55 小林茂監督トーク
        「いのちを背中にかつぎながら疾走する子どもたち」
14:00~15:35 映画「チョコラ!」上映
15:45~16:25 松下照美さんトーク
        「ほとばしる生命力~ケニアの子どもたちと歩んで」
16:30 閉会    
※ 東日本の震災の被災者の方々にも、ぜひ鑑賞していただきたいので、無料でご招待を計画しています。
問合せ・連絡先 (☎・fax) 050・7561・2267  小林 尋子

小林茂

2011.07.03 | Trackback(0) | お知らせ

*「大林宣彦監督作品をみんなで観る上映会」に参加して



現在発売中の『月刊ウインド』にてレギュラー執筆者の中村賢作さんが
4月17日長岡市立劇場での『大林宣彦監督作品をみんなで観る上映会』レポートが寄稿されています。
熱心な大林映画ファンだと知っていましたが、
意外にも大林監督とは初対面で高揚した気持ちが書かれています。
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1389.html
↑欄外のコメントにあるこのブログに賢作さんより寄稿いただいた記事はこちらです。

その大林監督の長岡映画「この空の花」のキャスティングが先日発表されました。

■キャスト  
遠藤 玲子(天草の地方紙記者) 松雪 泰子
片山 健一(高校演劇部指導教員)嶋 政宏
元木  花(高校演劇部員) 猪股  南(新人)
井上和歌子(長岡の新聞記者) 原田 夏希

野瀬清治郎(伝説の花火師) 柄本  明
元木リリ子(花の母親・現在) 富司 純子

http://www.locanavi.jp/konosora/blog/info/main_cast/

以前、花火師は誰かと予想し辿りついたのはクリント・イーストウッドではなかろうかとバカ話をしていましたが、予想外ながらも柄本明さんはもっとも納得できるように思いました。
あと当会にも縁のある大林映画常連俳優が配役されるか期待しています。

2011.07.02 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。