スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

炎が子どもを焼かないように 甘い飴だまがしゃぶれるように

 (C)若松プロダクション

8月15日、65年目の終戦記念日に若松孝二監督は「キャタピラー」とともに大阪、京都、名古屋、静岡と1日で各地をまわるそうです。

寺島しのぶさんのベルリン国際映画祭最優秀主演女優賞受賞直後なら興行的にもっと盛り上がるものの、あえて寝かせて、6月23日は沖縄、8月6日は広島、8月9日は長崎と先行公開させ、そして終戦記念日を前に全国公開。

風化しつつある先の大戦にたいして、映画を通して関心を持たせようとした戦略、それには若松監督自ら全国をまわり、観客を前にして語ることは自作だから当然とはいえ並大抵のものではないハズです。
さらにその間にはレバノン、韓国の映画祭にも赴いたりとその意気込みには頭が下がる思いです。

とりわけ暑い夏となった今年、「キャタピラー」公式HPを見ると全国を「キャタピラー」とともにまわった若松監督の最終地点は今のところ9月12日の長岡アジア映画祭のようです。

総括の意味も込めて若松監督にはお話ししていただきたいと思いました。

「キャタピラー」公式HP
http://wakamatsukoji.org/

「戦争は正義でもお国のためでもない」
若松監督が新潟で、おそらく各地で話してる言葉だと思いますが、終戦記念日だと一層染みる思いが。

スポンサーサイト

2010.08.15 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。