スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

高田にて

*神出鬼没の映画祭宣伝、今夏もあちこちへと赴きましたが、やけに暑かったこの夏最後は“高田”です。

結構奇抜に映る高田駅

初めて目にした高田城


一面に広がる高田公園の蓮池。噂に聞いてましたが想像以上の広さで圧巻でした。


ここはぜひ足を運びたかった日本最古級の映画館、高田世界館。
明治に建てられただけに洋装のハイカラな外観は当時の最先端をゆくスポットだと想像できますが、100年の歴史の中、さまざまな映画上映を経て前身は日活の劇場に。
現在はNPO法人「街なか映画館再生委員会」の管理下ですが、
日活時代の管理者の方のご厚意で中を見学させていただきました。
ついでに映画祭チラシをロビーに置いていただきました。ありがとうございます。
貼ってあるポスターを見ると映画の上映会の他、チャボのライブがあったり、ピーター・バラカンのDJイベントがあるなど文化拠点となってるようです。


これは高田世界館の前ですが、雁木通りにはどこでも風鈴が飾られ一服の清涼となっていました。


今回の目的の一つは「 瞽女さんの唄が聞こえる」を上映するため、
「高田 瞽女の文化を保存・発信する会」事務局の方々に挨拶に。
画像は映画に登場する高田 瞽女三人が住んでいた町屋があった雁木通り。


十返舎一九が泊るなど、所縁のある飴屋さん“高橋孫左衛門商店”。

*町屋、雁木通り、寺町、洋館と目にする街歩きが楽しく、そして歴史と文化がうまく協調してる印象を持ちました。
大和撤退がここでも影を落としてるようですが、それでもメインストリートには若者向けの店が並び華やいだ印象が。
それにしても高田公園に広がる蓮池は感動を覚えました。
次回は満開の頃に、そしてこちらも噂に聞く桜の季節も凄いだろうなと。
道中、親切に道案内していただいた方々、快くポスター掲示などご協力いただきましたが方々、どうもありがとうございました。

スポンサーサイト

2010.08.29 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。