スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

「第12回長岡インディーズムービーコンペティション+モアリズム ライブ(長岡アジア映画祭15周年ライブ)」

*「第12回長岡インディーズムービーコンペティション」受賞作の作品解説です。



*グランプリ 『くらげくん』 作品時間 14分
監督 片岡翔 キャスト 安田蓮、郡司大輝
・くらげくんは男の子なのに虎太郎のことが好き。
引っ越しをすることになったくらげくんは虎太郎を海に誘い、愛の告白をする。

 カヲリの椅子

*準グランプリ 『カヲリの椅子』 作品時間24分
監督 横山善太 キャスト 水谷環、おぐりまさこ、中村須磨子
・主人公はカヲリという名のおばちゃん。
ある夏カヲリは息子に連れられ、グループホームに入所する。
慣れない生活に最初は戸惑うばかり。気難しい先輩老人がいるし、たまに来る息子には八つ当たりしてしまう。
しかし優しい職員に助けられながら、少しづつ周りの皆と打ち解けて行く。



*監督賞 『Anne Jennings』作品時間16分
監督 吉川 仁士 、プロデューサー 渡部 翔子
・母親と二人暮らしの主人公アンは、自身の結婚式に父親(生物学的父親)を招待するが・・・。
アメリカでは一般的な生殖医療をテーマにした作品です。

よたか静止画2

*審査員特別賞 『よたか』作品時間15分
監督 海津研
・宮澤賢治の童話「よだかの星」をもとにした作品です。
原作では「苦しみ」として描かれてるように思える「食物連鎖」の関係性、でもそれはのがれられない痛みであるとともに、それこそが自然界の豊かな多様性をつくりだしているのではないか?そんな思いをもとにふくざつで美しい自然界のつながりを描きました。



*審査員特別賞 『ガクセイプロレスラー』作品時間22分
監督 今成夢人
・大学4年生だが就活に目もくれない学生プロレスラー冨永。彼に密着した知られざる学生プロレスのドキュメンタリー。学業も恋愛もそつなくこなす一般学生とは正反対に、勉強もせず、性風俗に通い、あげく仲間と裸で騒ぐていたらくだがマットの上では一生懸命。
失神、流血もある過酷な試合の先に、彼が見つけたものとは、、、、。

*以上の受賞作の中から9月10日(金)19時からの「第12回長岡インディーズムービーコンペティション」の中で「くらげくん」「カヲリの椅子」「Anne Jennings」「よたか」を上映いたします。
ちなみに「よたか」の海津研監督、「ガクセイプロレスラー」の今成夢人監督は共に新潟県出身、今成監督はお母様と同じくご出身が長岡だそうです。
また「Anne Jennings」の渡部翔子プロデューサーも長岡出身で.“長岡の皆様にも日本人がハリウッドで撮影した映画をご覧になって頂きたいと思い応募”したそうです。

*そして上映と授賞式は20時半までを予定しその後、公開リハーサルを経て“モアリズム”が映画祭15周年を記念してライブを開きます。

2010ダウンロード用アー写001

東京国立市を拠点とするナカムラ(ヴォーカル&ギター)、アントニオ佐々木(ギター)、清水"エスパー"光一(コントラバス)、ピストン川原(ドラム)の超個性派4ピース。
作詞作曲も担当するナカムラは、現在では珍しくなくなった日本語詞とルーツ系ブラック・ミュージックとの融合における先駆け的存在。

'97年にナカムラが立ち上げたカリフラワーズは宮迫博之主演映画「蛇イチゴ」を始めとする西川美和監督作品全ての音楽を担当し、
 TV、CM等や全国ツアー、8枚のアルバムの発表と、多岐に渡る活躍を見せる。
'07年、オダギリジョー主演映画「ゆれる」の音楽で一躍脚光を浴びていたその渦中、ナカムラは突如、唯一無二のリアリティを求めるためと、カリフラワーズの電撃解散を宣言。
 その最後のドラマー、ピストン川原とユニットを組み、敬愛するロニージョンソンの曲名から"モアリズム"と命名、全国のカフェやライブハウスを旅する。
'08年初頭、カリフラワーズ初代ベーシストであり「ゆれる」にピアニストとして参加していた清水"エスパー"光一が満を持して加入。
 同時にアルバム"Rhythm&Blues"を製作。5月よりライブ会場と自社HPのみで販売。約一年間で1000枚を完売。(*現在は販売しておりません)
 シンプルな構成からは想像もつかない幅広いサウンドとエンターティメント性溢れるステージで好評を博す。
 また、自主企画「リズム★ジャンボリー」や、DJ MSQとの共同企画「Analog★Cyndicate」を開催。
'09年、福岡の実力と人気を誇るジャイヴ&スゥイング界のカリスマ「ちょい濡れボーイズ」の凄腕 Gu、
 九州の黒いダイヤモンドと呼ばれるアントニオ佐々木が加わり4人編成となったモアリズムは
6月、全音楽を担当し,数々の映画賞を総なめにした映画『Dear Doctor』(監督:西川美和 出演:笑福亭鶴瓶・瑛太・etc)の
 サウンドトラック盤とオリジナルアルバム『笑う花』を2枚同時リリース。
 並行して、東京は国立市を中心に北はホッカイドウ、南はオキナワまで旅回り歩くこと年間167本のライヴを敢行。
’10年、3月、4月とファン待望のDVD(PVを集めたものと09年のレコ発ライヴを収めたライヴ盤どちらも限定500枚)を二ヶ月連続リリース
6月23日、3rd album『EVERY SONG IS LOVE SONG』リリース。
モアリズムの新たな目論見はルーツに根ざすダンスミュージック。そして、愛。

公式HP http://www.morerhythm.net/

スポンサーサイト

2010.09.01 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。