スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

山あり谷ありの映画づくりですが、

*以前、当映画祭で上映した「延安の娘」「蟻の兵隊」の池谷薫監督より、
「ヤマガタin立教」のご案内がメールで届きましたので抜粋して掲載します。

馬先生

恒例の「ヤマガタin立教」(山形国際ドキュメンタリー映画祭定期上映会)ですが、
10月は中国映画『馬先生の診療所』を監督を招い て上映します。
先日一足先に観たのですが、心にしみる素晴らしい作品でした。
今回は日曜昼の上映ですので、学生だけでなく一般の方にもたくさんお越し願いたいと思っています。
メンバーの学生たちは夏休みに合宿をはって映画を通じての市民との交流を検討しました。
お仲間へのご紹介よろしくお願いいたします。

新作の準備のためチベットをひと月ほど旅しました。
山あり谷ありの映画づくりですが、なんとか完走したいと思っています。
感謝をこめて

池谷 薫


「ヤマガタ in 立教」vol.10 

上映作品:『馬先生の診療所』 

山形国際ドキュメンタリー映画祭2009 日本映画監督協会賞受賞作品

監督:叢峰(ツォン・フォン) 中国/2008/カラー/ビデオ/215分

作品解説:馬先生の東洋医学の診療所は甘粛省の山間の村にある。
不作続きで、働き手は男女問わずに建設現場、農作業、炭鉱・・・と出稼ぎに行く。
風邪をひいた子どもを連れてくる母親、労災をかかえる様々な男女に加え、
別の村からも来訪者が絶えない。体の痛みを訴える診療所は、さながら人生の待合室のごとく、
互いに生きることの苦楽を分かち合い、カメラもじっと耳を澄まし目を凝らす。
表情豊かに語られる様々な人生や死生観を編み込み、1枚のタピストリーが織り上がる。

(映画祭公式HPより)

日時:2010年10月17日(日) 入場無料
開場/13:00  上映/13:30~
※上映終了後、ツォン・フォン監督を囲んでトークショーをおこないます。
会場:立教大学 新座キャンパス 6号館 3階 N636教室(ロフト2)
アクセス:
・東武東上線「志木駅」より徒歩15分、スクールバス(無料)約7分
・JR武 蔵野線「新座駅」より徒歩20分、スクールバス(無料) 約5分
http://www.rikkyo.ac.jp/access/pmap/niiza.html
※お車でのご来場はご遠慮ください。
主催:立教大学現代心理学部映像身体学科
問合せ:「ヤマガタin立教」実行委員会(立教大学学生有志)
Mail roadtoyamagata@live.jp

スポンサーサイト

2010.10.10 | Trackback(0) | お知らせ

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。