スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

HOLLYWOOD SCANDAL 



今年の長岡インディーズムービーコンペティションで監督賞を受賞した「Anne Jennings」。
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1066.html
全編英語でハリウッドで活動する俳優、スタッフで作り上げた作品。
プロデューサーの渡部翔子さんは長岡の出身で現在LAより帰省中です。

そこで審査を務めた支局長とともに居酒屋にてお話しを聞きました。
日本の居酒屋は久しぶりということで、あちらでの外食事情から。
よく耳にするリトルトーキョーは韓国人が、チャイナタウンはベトナム人が現在幅を利かせてるそうで、真っ当な日本食にはなかなかありつけないと。
しかし、聞いてて凄いと思ったのは仕事の打ち上げに使った高級お寿司屋さんに行ったらセレブご用達らしくその時、別室にはタランティーノが打ち合わせに、カウンターにはベッカムが子どもと一緒にお寿司を食べていたと。
日本の放送局のLA支局で働いてるそうなので、他にも著名人を目にする機会が多く、広いようで意外と狭い世界なんだなと。

放送局で生殖医療について取材した元に脚本を書いたのが「Anne Jennings」。
起こりうるであろう問題を含んだサスペンス作なのですが、実際の現場でのもっと凄まじいエピソードを聞き、日本と違うアメリカの倫理観に報道人である支局長が大変感心を抱いたようでした。

モンティ・パイソンの「ライフ・オブ・ブライアン」をフェイバリットフィルムに挙げ、現在様々な人脈を広めて映画制作をかの国で活動を続け、次から次へと破天荒な話や武勇伝が飛び出し、大阪から来た支局長は「こんなコは長岡にも大阪にもいない」と賞賛しておりました。
確かに日本のウジウジとした閉塞した社会が合わず、飛び出した先のロサンゼルス、そしてハリウッドが肌に合ってるように感じました。
ちなみに初めて映画館で観た映画は安室奈美恵の「Tha’ts カンニング!」。
シネマチャオで観たそうで、シネマチャオを懐かしがりながら、いつか長岡でも映画を撮りたいと。

それで支局長は先の五藤利弘監督のこちらとのエキストラ体験の珍道中を話して、それとなく渡部プロデューサーが手掛けるであろうハリウッド映画への出演をアピールしておりました。
いづれにせよ活躍を期待します。

ところでお母さんが心配なのかちょくちょく電話がかかり、あちらにいる時も毎日国際電話が来るそうで自立した立派な女性にも関らず「母は私を中学生の妹と変わらない感覚なんですよ」というのはちょっと可笑しかったです。

「Anne Jennings」は10月30,31日開催の
「第13回 小津安二郎記念蓼科高原映画祭」にて上映されます。
http://www.tateshinakougen.gr.jp/cinema/

スポンサーサイト

2010.10.16 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。