スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

モンテカルロの花、サレルノの詩

モンテカルロの花

以前に紹介しました杉田愉監督作『花に無理をさせる』が
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-914.html
12月2日からモナコ公国モンテカルロで開催される
「第8回モナコ国際映画祭」に正式出品されることとなりました。
公式HP http://www.angelfilmawards.com/main.htm

ポール・マッカートニー等の呼びかけで人間愛を謳った映画を持ちあげていこうと始まった
この国際映画祭はかつて『受験のシンデレラ』で寺島咲さんが主演女優賞を受賞したこともあります。

モナコといえば映画ファンにとってはハリウッドスターからモナコ公妃となった
グレース・ケリーの名を思い浮かべますが、
花を愛した彼女の地で『花』の名がつき、日本の美しい四季の花が描かれてる映画が
選ばれ上映されることに杉田監督は運命的なものを感じてるそうです。

杉田監督は国際電話で映画祭顧問ディレクターより直々に出品と映画祭への招待を告げられ、
開幕に合わせて脚本家、女優達と共にモナコに乗り込みレッドカーペットを歩き、
公式記者会見に登場します。

『花に無理をさせる』
監督:杉田愉 脚本:湯本眞子/杉田愉 撮影:サーシャ・ソクローフ
出演:丸山桃子、富永りつ子、品田涼花、甲斐真弓

また同じく以前にも紹介した新作『キユミの詩集 サユルの刺繍』が
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1172.html
イタリアの「第64回サレルノ国際映画祭」でのヨーロッパプレミア上映も決定しました。
公式HP http://www.festivaldelcinema.it/default.htm

ヨーロッパでの初上映地は今後の海外展開に置いて大変重要な意味を持つようで、
ベネチアに次ぐ歴史と伝統を誇るイタリアの映画祭での上映は大変栄誉に思ってるそうです。
柏崎から世界を見つめて、柏崎から世界に飛躍していく杉田監督は
日本映画という括りにとらわれない稀有な映画人であると思います。
益々の活躍を期待します。

スポンサーサイト

2010.11.20 | Trackback(0) | お知らせ

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。