スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

藤真美穂さんのこと



「第14回長岡アジア映画祭」で上映した「代行のススメ」。
シネ・ウインドでの劇場公開初日に主演の藤真美穂さんの舞台挨拶がありました。

大雪にも関わらず満席となった館内にとても感激したようで、
「私がスタートに立ったとても思い入れのある映画」として「代行のススメ」を紹介。
そして「お父さん」と呼ぶ山田辰夫さんへの思いを率直に語っていました。
最後は客席と藤真さんが持参した写真集やDVDを巡ってジャンケン大会となり、
とても盛り上がったまま舞台挨拶は終了。

舞台裏ではシネ・ウインド支配人が「てなもんやコネクション」を
観なければ映画には携わらなかったと山本政志監督への愛着を語ると、
藤真さんはすでに山本監督の新作に出演を終えており、
その山本監督のことで盛り上がったりしてました。

こちらは出演作の「モノクロームの少女」の五藤利弘監督のことをお話したところ、
「代行のススメ」の舞台となった群馬県中之条町の伊参スタジオ映画祭で
一昨年凱旋上映した際に五藤監督が真ん前で観ていて驚いたそうです。

舞台挨拶のあとに「代行のススメ」を観ましたが、
目にしたばかりの主演女優がスクリーンの中に登場するのもまた格別な思いが。
全編に渡ってキャメラは藤真さんの姿を追い、
なんども繰り返す水平移動のシーンのまま横滑りのように“ズラシ”が
とても効果的に活かされてることに気づかされました。
そしてバス停のシーンと幽霊のシーンの切なさ、
互いが互いを思う姿が凝縮されて心に染みます。
さらに藤真さんが不実を訴えて胸に顔を埋める際の山田辰夫さんの横顔、
山田さんの不在を思うと余計にその姿に何とも言えないコクを覚えていました。

とても気さくでステキな女優でした。
益々のご活躍を期待します。

「代行のススメ」は1月21日まで公開されています。

藤真美穂オフィシャルサイト http://www.fujimamiho.com/

ちなみにこの日はホントに凄い大雪でシネ・ウインド支配人は
劇場前の歩道の雪かきに精を出してました。
お疲れ様です。

スポンサーサイト

2011.01.17 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。