スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告



松之山浦田集落、人里からさらに離れた小暮さんの古民家を前に。
降り続く雪で視界もままならない中、
小林茂監督はここからあそこまでパンをしよう、と
松根広隆キャメラマンに指示を出しました。
監督が示した方向は晩秋には確かに収穫の終えた棚田が広がり、
小さな神社が佇んでいたハズ。
もちろん目の前は雪で白く覆われ、さらに降る雪が視界を閉ざします。
三脚にキャメラを設置した松根キャメラマンは意図を組みゆっくりとキャメラを動かす。

小林茂監督を初めて目にしたのは「阿賀に生きる」の長岡上映会だからもう20年近く。
思えば撮影現場を目にしたのはこれが初めてでした。
信頼する松根キャメラマンに指で構図を取りながら次は、
雪に埋もれてる小暮さんの古民家の外観の撮影へと。
雪と寒さの中、小林監督は途中、十日町の病院で透析を受けて、
撮影に挑み、取材で耳を傾けていました。

それにしても降り積もる雪、雪、雪、、、、、

スポンサーサイト

2011.01.20 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。