スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

3/6『ちづる』上映会!‏

*池谷薫監督よりメールが届き抜粋して転載します。



『蟻の兵隊』の上映会があり、奥村さんが元気に上映後のトークに参加してくれました。
奥村さんは現在抗がん剤治療中ですが、体調がよいと伺い、また本人の励みになればと思って出演をお願いしました。
久しぶりの掛け合いだったのですが、言葉の一つ一つに「魂」が感じられ、やはり、かけがえのない人であると痛感しました。
お越しくださった皆さん、ありがとうございました!

さて、私がプロデュースした『ちづる』(赤崎正和監督)上映会のお知らせです。ご高覧いただければ幸いです。

日時:3月6日(日)13:00から
会場:立教大学池袋キャンパス9号館大教室
主催:立教大学ボランティアセンター
※上映後に監督トークあり
※入場無料、申し込み不要

『ちづる』 2011/HD/カラー/70分/1:1.78

妹のことをどう説明したらいいかわからない。

だから言葉で伝えるかわりにカメラを向けることにした。

劇場公開の予定が決まらないうちにTV、新聞等マスコミでひと際注目を集めている作品がある。立教大学 現代心理学部 映像身体学科の赤崎正和が監督したドキュメンタリー「ちづる」。自身の卒業制作として企画されたこの映画は、重度の知的障害と自閉症をもった赤崎の妹・千鶴とその母を1年に渡り撮り続けたみずみずしくも優しい家族の物語である。最も身近な存在でありながら正面から向き合えなかった妹にカメラで対話した監督は、映画を撮り終える頃、家族との新しい関係を築きあげている自分に気づく。作者の精神的な成長がいみじくも映像に刻印されてしまった稀有なドキュメンタリーの誕生。“若さ”が成し遂げた映画の奇跡がここにある。

10月下旬から「ポレポレ東中野」「横浜ニューテアトル」でロードショー!

なお、当日は12:00から『わたしが出会った子供たち ドイツ国際平和村』(山内 悠監督)を上映します。

「立教ジャーナル」で香山リカさんと対談しました。
http://www.asahi.com/ad/clients/rikkyo/


感謝を込めて

池谷 薫

映画監督・立教大学特任教授

「ヤマガタin立教」運営日誌。 http://road2yamagata.blogspot.com/

スポンサーサイト

2011.02.23 | Trackback(0) | お知らせ

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。