スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

花火の駅



粛々と4月17日「大林宣彦監督作品をみんなで観る上映会」の宣伝にまわっていますが、
その中で訪れたのが「花火の駅 長岡花火ワールド 悠」

“まちの駅”の一環として設立されたと認識していましたが、
この機会に訪れてみました。

館内は長岡花火のみならず日本全国、はては海外の花火が綺麗にパネルとして展示。
館長の花火観賞士・長谷川さんが気さくに迎えて珈琲をいただきながら解説をしていただきました。

こちらは上映会のご紹介をしたなかで長谷川館長と雑談。
ちょっと驚いたのが当会副会長をよく知っていることと、
これまでに当会上映会では「サラーム・ボンベイ」や「ハート・ロッカー」に足を運んでいただいたこと。
とても映画好きのようなので大林監督もこちらにぜひ足を運んでいただいたらと思いました。
長岡花火についてみどころなどを熱心にレクチャーいただくように思いました。

しかし思わぬ形で言葉につまったのは、
館内に展示されている花火のパネルの中で仙台の写真愛好家が撮影した日本各地の花火の写真。
その写真家が所有しているほとんどは先の東日本大震災の津波で流されてしまったそうです。
幸いその写真家は無事だったそうですが、
作品は以前からこちらで展示されている写真のみになったと。
その中で特に印象に残ったのはよく報道で出てくる宮城県の女川の花火。
女川は花火も盛んな町だということがその1枚でよくわかる華麗な花火でした。
またこの花火が女川で打ち上げられることを強く望みました。

http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/s-center/machi/nagaoka.html

スポンサーサイト

2011.03.25 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。