スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

図書館の窓から



長岡市立中央図書館が発行してる季刊フリーペーパー『図書館の窓から』より、
お勧めの一冊を紹介する「私の一冊」の原稿依頼があり、
当会の宣伝になればと引き受けました。

それで選んだのは大林宣彦監督の数多い著作の中から
『日日世は好日2001 巻の一 同時多発テロと《なごり雪》』

選んだ理由はここに長岡アジア映画祭が登場してることです。
当時、この本の編集の方から当会に問い合わせがあり、
大林監督が触れてくれることに一同とても喜んでおりました。

「なごり雪」のクランクイン2日目に9,11同時多発テロが起きたこと。
いわば連載中に一大事が起き、映画への取り組みが真摯に綴られてる1冊。

『図書館の窓から』の原稿は2月に書き終えたのですが、
その後の3,11直後の今、この本を読み返すと
長岡での映画撮影についてもこの本から読み解けるように思います。

図書館の担当の方には大林監督の著作を集めたコーナーを作ったらどうかと提案しましたがはたして。

スポンサーサイト

2011.04.03 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。