スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

新潟長野県境地震に思う

*小林茂監督より新潟長野県境地震後に目にした現地の様子を報告いただきましたので掲載します。



新潟長野県境地震に思う

3月11日の東日本大地震に誘発されたのか、翌日未明に新潟県と長野県の県境で大きな地震が発生しました。十日町市(とおかまちし)と津南町(つなんまち)で震度6弱、全壊・半壊した家も多数有り、土砂崩れや雪崩も発生。大災害の影で新潟県内の人びとの間でも話題になることも少なく、心配しています。
そこは今度の新作「風の波紋―雪国の村から」(仮題)の舞台でもあり、先日お見舞いと撮影のため出かけてきました。松之山、津南、松代地域の今回の地震被害はおおきく、
つぶれた家、柱が折れた家と、震源地に近いところは中越地震並です。あちこちにひび割れ、土台の崩壊もみられます。亡くなった方がおらず幸いな事でした。
しかし、山に近い老人ひとり世帯などは「直す」ことに躊躇しており、村の維持も困難な地区も出そうです。

私の友人の家も専門家からは「住めない」ということで、がっくりきていました。
しかし、その家もだれもが「住めないからやめたほうがいい」といわれながら、
この10年、かやぶきの家を復活してきたのです。
「もう一回直して、それで、だめなら諦めもつく」とご夫妻はいわれました。
全部がだめになったわけでもないのに、このまま燃やすことができない、というのです。

また、他の友人は自分の家をあとまわしに、近所の家の修理に奔走していました。

避難所にもいきましたが、全壊の家もおおく、これからどうしようか困っていました。

少々の差し入れにもかかわらず、たいへんご丁重なお見舞い御礼をいただきました。かの人びとの人柄がにじみ出ているようでした。
東日本大地震にかくれ、社会の関心がこの村々に向いていません。
なんとか応援したいです。

小林茂

スポンサーサイト

2011.04.05 | Trackback(0) | ごあいさつ

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。