スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

わたしの唄声を聴いてね 遥かな笑顔を見てね そしていまは 抱きしめて



「ふたり」「なごり雪」の上映プリントが届き、長岡市立劇場で試写を行いました。
映写担当者が入念に時間をかけて、フィルムの癖や映写機との相性、
また劇場側と音響の確認など。

「ふたり」は長岡の前は韓国で上映されたらしく、
国境を越えたフィルムとはなかなかカッコイイものだと。

「なごり雪」はまだあまり上映されてないものが届いたのかとても綺麗でした。

いづれもいずれ貴重となる35mmでの上映、これに大林監督のトークがあり贅沢な上映となるハズです。

画像は長岡市立劇場のシンボル、“ドンドン太郎”と三尺玉花火をイメージした照明。

上映会には初めてこの劇場を訪れる方もいらっしゃるかと思いますが、
こちらの方もご注目ください。

スポンサーサイト

2011.04.13 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。