スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

映画は穏やかな一日を創る。

*4月17日『大林宣彦監督作品をみんなで観る上映会』のお客様アンケートから感想を抜粋して掲載します。



*大林監督作品をみんな見たい。                   50代・女性

*大林監督がトークショーの間、ずーっと不動のままだったことに
思いを伝えたいという監督の気持ちが伝わってきました。        45才・男性

*いい映画でした。長岡の映画がどんなになるか楽しみです。      50代・女性

*言外の言葉をゆらぎがたくさんにじむ2作でした。
いい時間を過ごしました。大林監督のトーク素晴らしかったです。
「この空の花」楽しみです。                     30代・女性

*大林監督はほぼ生と死の対比がテーマの1つです。
人は普通、生を語りますが、死を描くためには見たくないもの、汚いものを描く必要があると思います。
今回の大林映画が単純にご当地映画礼讃にならないことを希望したい。
「はるか、ノスタルジィ」のような見ている方がひきずり回されるような映画がいいです。
小樽の人は必ずしもよろこんでいないかも知れないけど小樽の魅力が輝くから。
                                  40代・男性 

*監督とおくさまのお話、素晴らしかったです。

*「ふたり」は私が今までみた映画の中で最も好きな作品です。
20年たってまさかスクリーンで観れるとは思いませんでした。
数十年ぶりにみましたが、変わらず素晴らしい作品だと思います。    30代・女性

*「ふたり」はとても見たかったので、スクリーンで見れてよかったです。30代・女性

*「ふたり」は少女の成長と青春が家族の形を考えるよい機会になりました。
「なごり雪」は今、私の年令で見るに必要な物だったのではと思います。 40代・女性

*素朴な美しさを感じました。                    60代・女性 

*感動しました。ずっと思い出すことでしょう。            80代・女性

*「なごり雪」を見せていただきました。(午後から参加)
「なごり雪」は私の青春の思い出の一曲。
毎年、初雪が降るとその頃(大学生の頃)の懐かしい街の風景や友人との語らいが妙にはっきりとよみがえってきます。
そして「なごり雪」のメロディーも。
私もがんばってこのふるさと長岡で生きていきます。
-そんな気持ちにさせていただきました。ありがとうございました。   50代・女性

*「ふたり」は以前にも観ていたのですが、
今日はまたちがう気持ちで観ることができました。
「なごり雪」は初めてでした。かなしい映画でした。
この作品をどう自分で受け止めて行くか、これから考えます。          女性

*悔いの残らない年の取り方をするのは無理だろうと思うが、
今を一生懸命に過ごしたい。                     20代・男性

*大林宣彦監督の大ファンです!                   50代・女性

*よかった。                            50代・女性

*レンタルDVDで「なごり雪」をみていたが、大きい画面はよりよかった。
争いのない映像の話を監督から聞いて納得した。            63才・男性

*これからも古里物をつづけてほしい。                70代・男性

*一生懸命に生きていかなければと思っていた私です。
映画を見れてよかったです。                     40代・女性

 
*感慨深く、感動をいただきました。
長岡空襲に丸焼けになった事、そのあとの苦労、身内の戦死者を思いながら見ていました。
つくる会映画には年令をかえりみずよく出かけています。
健康を感謝しています。
長岡花火の映画を私の生きているうちに見たいものです。        89才・女性

*人間の優しさが感じられる良い作品です。
大林監督の人柄がとても良かったです。                60代・女性

*良かった。(2度目でした。「なごり雪」)               60代・女性

*どちらもすばらしく楽しい時間をすごせました。           40代・女性

*ニ作品とも家族や人との関係の大切さ等を改めて考えさせてくれた。  50代・女性

*また大林特集をしてほしい。                    30代・男性

*また新たな気持ちでイルカの「なごり雪」を聴きたいと思います。
臼杵大仏や竹田城の滝廉太郎の像などなつかしく思い出しました。    60代・女性

スポンサーサイト

2011.04.26 | Trackback(0) | 上映会

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。