FC2ブログ

おぉーい



先日、小林茂監督の「風の波紋」の撮影に同行させていただきました。
長野県北部地震の後、初めて大きな被害となった松之山へと足を運びましたが、
それについては随時、報告できたらと思います。

それで今回も撮影の拠点となったのが水梨集落の“地炉”。
管理しているのは写真家の橋本紘二さん。

http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1252.html
↑こちらでも書いてましたが、一見とっつきにくいものの、今回も
ぐい〈生〉を飲み干しながら、夕食時饒舌に持論の熱弁を奮ってました。

「キツイこと言う人だけど温かい人なんだよ」
小林監督は後で話してましたが深く同意できます。
アルコールが体に染みた後の柔和な笑顔がとてもいい表情です。まぁツンデレかと。

3月12日の未明にこの地域を襲った大地震の被災地に当然、橋本さんは足を運びシャッターを押したばかりか、その後は宮古まで車で赴き、以降は福島まで南下、東日本大震災の惨状を目の当たりにしました。

その報告は長年連載してる『現代農業』6月号に自身のキャプション入りで掲載されています。
この雑誌の連載で全国各地の農村へと足を運び、当然被災地へも撮影に訪れてるでしょうから、モノクロの写真にはその心情が込められているようです。

そして現在、その写真展が東京で開催されてますので紹介します。
東北の現状や長野県北部地震で最も被害の大きかった長野県栄村、そしてもちろん松之山の惨状も撮影してるようです。

◎東日本大震災・大津波義援募金写真展 おぉーい

写真 橋本紘二  協力 月刊『現代農業』(農文協)

2011年5月4日(水)~5月20日(金)

会場 カフェ&ギャラリー まんまるの木
〒154-0011 東京都世田谷区池尻2-37-15
http://manmarunoki.com/

その風貌から一目で反骨のジャーナリストと伺える橋本さんは今現在、福島原発とその周辺地域に取材に行ってるハズです。
どのような切り口でこの大きな人災に挑むでしょうか。

余談ですが『現代農業』6月号の特集は農薬の代わりに納豆を工夫し畑などに散布し病原菌を退治する様々な方法が成果入りで掲載されててとても面白かったです。
こういった専門誌のこだわりによく感心させられます。

スポンサーサイト



2011.05.10 | Trackback(0) | お知らせ

«  | HOME |  »

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター