スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ぽっかりした心に子ども達が入ってきた。

201107091332 (2)


長岡市国際交流センター「地球広場」にて“伝えたいケニア”と題した
松下照美さんの講演会に参加しました。

「チョコラ!」のショートバージョンを流した後に、
小林茂監督がケニアでの撮影後「コバの病気が良くなりますように」と祈った子どもの言葉を
翻訳して知ってから映画の方向性が見えたと話した後に、
松下照美さんがマイクを持ち、これまでの人生を振り返りました。

かつて「核時代をどう生きるか」をテーマに反核運動を展開したものの行き詰まり、
さらに最愛のパートナーを亡くした後に小林監督とともにウガンダを訪れ、
そこでのボランティア経験で「ぽっかりした心に子ども達が入ってきた」と。

以後、ケニアのティカで「NGOモヨ・チルドレンセンター」を立ち上げ、
ストリート・チルドレンのケアに尽力、
現在念願の「子どもたちの家」を設立しこれまで以上に力を注いでるようでした。

しかし最近の「子どもたちの家」の様子をビデオで流した後に、
武装した強盗団に襲われた話をされてショッキングでした。

現在、ティカも発展の只中にあるようで高層アパートがどんどん進出するに伴い、
スラム街は一掃されるなど貧富の格差が必然となり、
仕事がなく先鋭化した若者達の一部が強盗団となっているようでした。

社会の上の方の繁栄が下に反映されてないというのはどこの国も同じかもしれませんが、
65歳になられた松下さんの健康と活躍を祈念いたします。
話を聞いてるだけでケニアへの貢献はとても大きいことは理解できました。

これから山形、秋田、北海道を北上した後に仙台に行き東日本大震災の犠牲者に合掌するそうです。

モヨ・チルドレンセンター http://moyo.jp/mcc.htm

スポンサーサイト

2011.07.09 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。