スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

竹内公一美術監督

2011-07-21 001 2011-07-21 004

「この空の花」の竹内公一美術監督は「三毛猫ホームズの推理」(98)以降、
「風の歌が聴きたい。」「なごり雪」「理由」「22才の別れ」「転校生 さよならあなた」「その日のまえに」と大林映画の美術を手掛けるベテラン。

新潟には以前、高田を中心に長岡ロケもあった「ふみ子の海」の美術も手掛けており、縁があるようです。

空き時間の間にいろいろとお話を伺いましたが、
特に「理由」の美術セットについて意外なことを教えていただきちょっと驚きました。
もちろん映画美術の世界では当たり前のことだなのでしょうが。

作業に入る段取りとして右腕として支えるMさんから、
この作業で使われるセットはどのような場面で使われるのか教えていただきましたが、
竹内美術監督が引いた図面はもちろんのこと、
部屋の配置やロケ時の場面などの詳細なイラストまで描かれており、
それを見てやはりプロは凄いと感嘆しておりました。

作業小屋では慣れない作業に手こずるこちらに目を光らせていますが、
普段は温厚な紳士という印象で、
将来は映画美術スタッフ志望という学生が汗だくとなって勤しんでおり、
一流の映画人のもとで学ぶとはおそろしくいい経験になるだろうなぁと羨ましいです。

ちなみに某アイドルと仕事した際に撮ったツーショット写真を見せてもらいましたが、
そのアイドルはその撮影後あれよあれよと売れっ子になり、
現在は国民的アイドルと呼ばれるほどの存在で、
以後、竹内美術監督と記念撮影を撮ったら出世すると、
業界では囁かれているらしいです。

しかし見せていただいたイラストから「この空の花」は某所でかなり大規模なロケがあるようで、
これが実現した暁には毎日がお祭り騒ぎじゃないだろうかと想像しました。

スポンサーサイト

2011.07.21 | Trackback(0) | ごあいさつ

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。