スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

映画で世界を幸せにすることができる。

2011-08-01 001 2011-08-01 002

7月31日の平和の森コンサートに登場し、
予定時間をオーバーしながら「この空の花」を長岡で撮る意気込みを語った大林宣彦監督。

平和への強い思いをこの長岡から映画によってこれから発信することを
観衆の皆さんの心に強く刻まれたのではないかと思います。

そして黒澤明監督の言葉“映画で世界を幸せにすることができる。”を引用し、
黒沢監督の遺志としても制作する意気込みを述べて
「命がけで私の代表作にしたい」と。

最後には翌日に迫ったクランクインに際し
「明日から俳優さんもいろんなところで見かけると思うのでどうぞ声をかけて下さい」
一緒に長岡映画を盛り上げることを呼び掛け盛大な拍手が沸きました。

そして8月1日、「この空の花」美術部は撮影の応援ということで柿川の燈籠流しの現場へ。
すると大林恭子プロデューサーと娘さんの大林千茱萸さんが。

燈籠流しの場面を千茱萸さんが撮影するそうで
いつしか柿川に浸かってカメラをまわす姿に感嘆していると、
こちらもほかのスタッフとともに膝まで柿川に浸かることに。
燈籠を流すサポートをしておりました。

大林監督はほかの場面を撮りに行ってたそうですが、
家庭用デジカメで終始撮影していた恭子プロデューサーの姿を見ていると長岡の姿全てを記録しようという意気込みを感じたりしました。

あと千茱萸さんも執筆者の一人だった「このビデオを見ろ!」に大きな影響を受けてたのでお会いできてうれしかったです。

スポンサーサイト

2011.08.01 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。