スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

『長岡・監督特集/長岡製造』東條政利監督、今成夢人監督舞台挨拶中止

9月18日(日)19時35分からの『長岡・監督特集/長岡製造』にお越し下さることになってた「half awake」の東條政利監督と「ガクセイ・プロレスラー」の今成夢人監督が残念ながらお越しいただくことができなくなりました。
「half awake」は主演の中泉英雄さんが急遽駆けつけて下さいます。
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1517.html

また今成夢人監督からは自身と「ガクセイ・プロレスラー」の紹介文を送っていただきました。
正直、プロレスの話がしたかったのですがまたの機会を楽しみにします。
当日はビデオレターを流す予定です。

「ガクセイプロレスラー」「half awake」「けさらんぱさらん」は予定通り上映し、五藤利弘監督もお越しくださいます。

imanari_38 (2)

長岡アジア映画祭の皆様

「ガクセイプロレスラー」を監督しました今成夢人です。
今回「長岡・監督特集」と題した企画に参加出来る事を大変嬉しく思います。翌日にプロレス興行の映像演出の仕事が入ってしまい今回長岡に行く事が出来なくなってしまいました。
大変残念ではありますが、またいつかの機会にこの映画祭にご挨拶に伺えたらと思います。

私は1985年9月22日にここ長岡で生まれました。
両親が出会ったキッカケも父が長岡の映画館でアルバイトをしていた際に、母がお客としてその映画館に足を通わせていたことがキッカケだとききました。
父が「仁義なき戦い」を一人で観賞する女性がいて、気になってたというのが馴れ初めだそうです。
そんな意味では「長岡」と「映画」というものが存在していなければ私はこの世には生まれてこなかったと言っても過言ではないかと思います。

生まれは長岡でしたが、その後すぐに東京で暮らし始めましたので、長岡は夏休みや冬休みといった期間に帰って従兄弟たちと遊ぶというイメージが強かったです。
5月のGWには田植えの手伝いにもよく行っていました。

さて今作『ガクセイプロレスラー』ですが、学生プロレスを題材にしたドキュメンタリー映画です。
もともとプロレスを好きになるキッカケも長岡の従兄弟が「全日本プロレス中継」を録画したビデオをたくさん持っていて長岡でそのビデオを見たのがキッカケでした。
私は多摩美術大学に入学しましたが、その一方で学生ながら、サークル活動として自らプロレスで表現をする学生プロレスの世界に身を投じてきました。
学生プロレスというのは独特の文化で、関東や関西の大学の一部に見受けられます。
学園祭等の催しもの一環でプロレス興行のショーを行うのです。
学生がやっているので、身体も出来ていなかったり、プロレスとして成立していないようなことも起こりますが、学生プロレスラーはその独自の文化にきちんとした美学を持って取り組んでいます。
下ネタのリングネームや選手の模倣を発展させたものなどの文化は、やがてパロディという域を超えてプロのプロレスラーを排出するようになり、その文化そのものからある種の学園青春ドラマのような魅力を放出するようになっていった。今作ではそんなある学生プロレス団体の夏休みの記録です。
主人公はエロワード・ネゲロの名で3冠チャンピョンに君臨する冨永真一郎。
元プロレス団体の練習生であった冨永でしたが、プロレスの世界に挫折し、その後大学へ入学。
一度は嫌いになりかけたプロレスでしたが、仲間たちと心の底から楽しみ青春を注ぐ「学生プロレス」の世界に魅了されていったのです。
ネゲロは3冠チャンピョンという重責や充実感と、実生活の中で単位が半分も獲得出来ていないという苦しみの狭間の中で学生プロレスでしか感じることの出来ない「何か」に気づいていきます。
基本的に出演者は私の友達だけ、制作費もテープ代と旅費を合わせた3万円のみの小さな映画です。ですが、この作品に私のその地点で持てる全てをぶつけました。
題材として「学生プロレス」を扱っていますが、そこに悩みを抱える若者たちの姿は紛れもなく「現代の若者」であると思います。
この作品を通じて学生プロレスの世界に興味を持っていただければ幸いです。22分の短い作品ではありますが、若者たちの青春群像をお楽しみください。

また私は現在「DDTプロレスリング」というプロレス団体で映像演出の仕事をしています。
そちらでも『男色牧場CLASSIC』というドキュメンタリーや製作したDVDなども販売しておりましので、よろしければ見てみて下さい。
http://www.ddtpro.com/

また今後もオリジナル自主作品を作っていきます。今後ともご注目していただければ幸いです。twitterやブログで日々の活動を報告していますので、ご意見ご感想等もお待ちしております。

http://twitter.com/#!/yumehitoimanari

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/yumehito_imanari/

今成夢人

ガクセイプロレスラー

2010年 

日本 


DATA

23分/日本語/カラー

英題“The Student Wrestler

監督:今成夢人

出演:エロワード・ネゲロ、アーナルガ・シワクチャジャネーガー他

STORY
帝京大学を中心とした学生プロレス団体「SWSガクセイプロレス」に密着したドキュメンタリー。リングの上でしか獲得することの出来ない喜びや充実感を身体に刻み込んでいく熱き男達の物語。
*イメージフォーラム・フェスティバル2010ジャパントゥモロウ部門観客賞2冠。 第12回長岡インディーズムービーコンペティション審査員特別賞。『日韓海峡圏映画祭』日韓ムービーアワード2010奨励賞。

スポンサーサイト

2011.09.09 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。