スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

無限の森へ

2011-09-13 001 2011-09-13 002

開会式はもちろんロマンダムールのミニコンサートもある中、
今年は長岡造形大学の3人が制作した映画祭の先付ビデオを流してスタート。
各自の個性がわかるアニメ作品で小林茂監督は褒めていました。
今回、造形大学生は映写やもぎりなどのスタッフとして参加。
びっくりするほど生真面目で「森聞き」の老人と高校生ほどでないにしろ世代的ギャップがある中、映画祭を楽しんでもらえたらと。
映写はたくさんの機種に触れられて勉強になったと話してましたが、
本日2日目は朝8時30分から35mm映写機の搬入があり、サンゴーに触れられるのはますます貴重な機会になるのではと。

オープニング上映「掘るまいか」の後は青木勝氏と小林茂監督が橋本信一監督を偲ぶ対談。
人柄と今「掘るまいか」の重要性を語っていただきました。
二人の対談のバックにスクリーンに橋本監督の写真を掲げましたが、
この写真にこだわりがあったことを思いだし感慨深かったです。

小林監督は「掘るまいか」を久しぶりに観てよかったと話し、その後は「ありあまるごちそう」「森聞き」をドキュメンタリー映画を観賞し、ロビーでお客様たちと池、感想を交わしていましたがこれは結構贅沢なことではないかと。

「森聞き」を観てた農家で闘牛を飼ってるお父さんが、この映画は学校で子どもたちに見せるべきと話し、なんでも奥さんが教師のようで、学校に紹介に回ったけどやはり教職員の方も関心があることは間違いがなかったようでよかったです。

新潟日報 http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/27068.html

産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/region/news/110913/ngt11091319540001-n1.htm

スポンサーサイト

2011.09.14 | Trackback(0) | 長岡アジア映画祭

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。