スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

かれん

2011-12-11 001 2011-12-11 003

二年ぶりに東京から五藤利弘監督が当会望年会にお越しくださいました。
今年も「雪の中のしろうさぎ」「けさらんぱさらん」と
映画祭に大きなお力添えをいただいたことも併せて
敬意を表し来年公開予定の「ゆめのかよいじ」の予告編を流し、
一同見入り自然と拍手が沸いた後、少しお話しくださいました。
昨年栃尾で撮影された「ゆめのかよいじ」、
そして今年撮影が終わったばかりの「花蓮」について。
どちらも大きな自信が感じられました。
来年公開予定のようです。

「花蓮」は「モノクロームの少女」を観た方から、
茨城で撮ってくれないかと話がきて実現した作品。
やはり劇場公開作を撮ったことは大きいんだなぁと話を聞いてて思いました。
もちろん五藤監督への信頼が大きかったのでしょうが。
“花蓮”というタイトルにいろんな意味が込められてるようです。

あと河野ジベ太監督に視線を注ぎ、
「面白いことを一緒にやりましょうよ」
と口説いてたように見えましたがぜひ実現してほしいです。

二次会にも参加していただいた後、調子に乗って朝方までお話しさせてもらいました。
その活躍から「もう気軽に声をかけられないんじゃないの」と
冗談っぽく言ってるメンバーもいましたが、
頑なに否定し喜んで当会とおつきあいいただいてるのはとても嬉しいです。

翌日は河野夫妻、春風君、くまさんとともに長岡震災アーカイブを見学。
映像施設があるのを見てここで映画の上映会を開けないか職員さんに尋ねてましたが、
確かにここやまちなかキャンパス、そしてアオーレと当会事務所周辺に
映像施設が増えてきてこの辺は検討したほうがいいと。

あと朝方までの話の中でテレビの取材で行ったプロレスラーに縁のあるレストランの
興味深い話を伺いました。
機会があったらいつかご案内願います。
そういえば昨日は力道山の命日でした。

「ゆめのかよいじ」予告編
http://www.youtube.com/watch?v=ogJpflOBcJY

スポンサーサイト

2011.12.16 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。