スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2012-01-30 001 2012-01-30 001

「アメリカで去年、ゴジラ、ガメラのコンベンションが開かれたんだよ。
それで俺が招待されて1000人くらいの満席の劇場で映画が上映され、
ゴジラが登場したら拍手、ガメラが登場したら拍手、俺も登場したら拍手と
凄い盛り上りだったよ」

現在、新潟、長岡で撮影中の「チェイン」で主演の渡辺裕之さんが森民夫長岡市長を表敬訪問されました。
渡部翔子、市川誠プロデューサーの他、映画撮影支援をしてる長岡ロケなびの渡辺千雅会長も同席。

「(この映画は)長岡を宣伝するのが目的じゃないはず、
みなさんの想いが結果的にそうなっていただければ嬉しい」
歓談の中で意外にもホラー小説を読んでると言って造詣があるらしい、
森市長が俳優、スタッフを見渡して映画への期待を込めて語ると、

「人を繋げるツールとして映画づくりは一番いい」と
渡辺裕之さんが意義を伝えてました。

渡部翔子プロデューサーは
「米、酒だけでなく映画、エンターテイメントとしても長岡を海外に紹介したい」とし、
次回作も長岡で『酒』をテーマにした映画を撮影し、
ハリウッドからも人材を呼びたいと力強く話して注目を集めていました。

そして「長岡アジア映画祭で受賞してこの話は繋がった」と話していただいたのは嬉しく思いました。

表敬訪問が終わり、長岡市役所を去る際に、
おそるおそる金子修介監督作「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」の
パンフレットを差出し、渡辺裕之さんにサインをお願いしました。
ゴジラは日本を代表するイコンであるものの、
市長表敬訪問の後にお願いしていいものかと躊躇もありましたが、
手にした渡辺裕之さんは驚きながらも冒頭の話を笑顔で語ってサイン、
大変ステキな方なんだと改めて感激してました。
こちらにとって渡辺裕之さんは金子修介監督作のガメラ、ゴジラで自衛隊員や防衛軍役として
人類のために命をかけて戦ってたヒーローでもあるので。
スクリーンでは常に硬派でしたが、側で話してる姿は本当に気さくで飾らない人でした。

ちなみに渡辺裕之さんがパンフをパラパラッとめくってるのを脇で見てた少年が、
「あっ、お父さん」と驚きの声を上げていました。
指をさしてた先には同じく防衛軍役の布川敏和さん。
今作「チェイン」にはあのふっくんの息子さん、布川隼汰さんが共演しています。
そんな布川父子と共演した渡辺裕之さんがサインに寄せていた言葉が“感謝”

この場に招いていただいた渡部翔子プロデューサーに“感謝”です。

しかし昨晩はジャッキー・チェンと会ってたようですが、
スリーショットには澤田謙也隊長の姿も。

渡辺裕之公式ブログ 夢のジャッキー・チェン
http://gree.jp/watanabe_hiroyuki/blog/entry/622665674

スポンサーサイト

2012.01.30 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。