スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

油夫院

2012-02-19 001 2012-02-19 013

「冬のアルパカ」の撮影拠点となったのが山古志油夫集落にある「油夫院」。
合宿所としてスタッフ、出演者が泊まり込みで同じ釜の飯を食べて撮影をしていました。
雪深い山古志の中で寝泊まりし自炊もしていた貴重な1週間、
"新藤兼人監督方式“などと気取ってました。
また部屋の一つを主人公の部屋としても撮影してました。

ここが嬉しかったのが大きなお風呂があること、連日ホントに寒かったので、
温かいお風呂に浸かれたのはとても贅沢とも言えました。
さらに暖炉もあるものの、なかなか火が付きにくかったのが一苦労でした。
コツがあるようで山古志の方はすぐに燃やせましたが、なかなかうまくいかなかったです。
ただ雪の音を聞きこの暖炉に燃える炎で暖まってるといろいろと思索に耽られるような気がしたので、
先日「森聞き」公開とともにシネ・ウインドに舞台挨拶に来た大兼久由美プロデューサーに
柴田昌平監督がテオ・アンゲロプロス監督のDVDと哲学書を手にし
ギリシャへ充電のために休暇に行ってきたと聞き、
機会があったら思索に籠れるのでこの合宿所を紹介しますとおススメしました。

油夫集落は中越大地震後に戸数が減っていったそうですが、
地域の繋がりを強める意味もありアルパカ牧場を設立。
アルパカは復興のシンボルとして山古志に浸透し
夏になると牧場には多くの観光客が訪れて賑わいます。
油夫院は夏休みに学生の合宿所として機能するようですが、
この油夫院のおかげで映画撮影が出来たので
紹介いただいた方に感謝したいこと、そしてまた機会があったら使わせてもらいたいです。

スポンサーサイト

2012.03.12 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。