スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

柴田監督と歩いた道

名もなき人々の声を聞き記録し続けた宮本常一を信望してる柴田監督は
今回「長岡を記録する」とデジカメとペンと取材ノートを手に意気込んで駅に降りました。
その姿を見たら駅周辺だけでもご案内できたらと短い時間でしたが、周遊してきました。
行く先々で好奇心をむき出しに熱心にメモと撮影をする柴田監督の姿はちょっとした語り草になってます。
後日、当会の携帯カメラマンとそのフィアンセとともに駅周辺を再訪し、当日の柴田監督の姿とともに採録します。
市外で読まれてる方は長岡観光のご参考の一つに、ただし再開発によって近々失われる場所も何箇所かあります。

長岡駅

まずは拠点となる長岡駅。
ここはかつてお城が建ってたと話すとちょっと驚いてました。

打揚筒

駅前にある実際に使われてた三尺玉花火の打揚筒。
長岡の夏の名物、三尺玉花火は空襲で亡くなった方々の慰霊のために打ち上げるとお話しすると、
神妙に解説板を読んでました。

偉人

同じく駅前にある長岡の偉人を集めた写真入りの解説板。
一人一人に目を通してました。

厚生会館

今年中に市役所移転に伴い取り壊される厚生会館。
実はプロレスファンにとっては数々の名勝負が繰り広げられ、特にかつて前田日明が山本小鉄相手にデビュー戦を飾ったことでも聖地として記憶される場所。
監督はプロレスに関心は無いようですが、好きだったおばあちゃんのためにとここでパチリ。
中越大地震の時にここの前庭に避難した時の様子をお話ししました。
あと当会はかつて「スワンプリンセス」というドリカムがテーマ曲を歌ったアニメ映画の上映会を開いてました。

ガマガエル

厚生会館の敷地にある稲荷神社のガマガエルの像。
口がお賽銭入れに。
監督は稲荷神社の前で静かに目を閉じ合掌していました。

イチムラ

長岡戦災資料館が入ってるビル。
かつてはイチムラデパートとして市民に親しまれてました。
ここも近々、取り壊しが始まり資料館は別の場所に移転に。
跡地にはマンションが建つそうです。

セントラルパーク

市民の憩いの場、セントラルパーク。
上映会を終えて懇親会会場から二次会に向かう時に立ち寄りました。
数年前までここで当会が夏に野外上映会を開いてたと話すと関心を持っていただきました。
ここも市役所移転に伴いなくなるようです。

市民センター

当会がよくお世話になってるながおか市民センター。
地球広場やウィルながおかをご案内しました。

事務所入り口


そして当会事務所入口、ここの4階です。

事務所

中はこんな風です。
前回、お越しいただいた時もご案内しましたが、その時は映画祭最終日で全ての荷物が運ばれて、足の踏み場もないほどだったことが印象深かったようですが、今回は足の踏み場があったことに驚いてました。
長岡戦災資料館に続いてここで撮影を精力的にこなしてました。
いったいどんな風に仕上がってたのか気になってます。


スポンサーサイト

2008.06.05 | Trackback(0) | 当会の活動報告

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。