FC2ブログ

それが人生と 言うものなのでしょう

「ディア・ドクター」上映会のアンケートに書いていただきました映画の感想を一部抜粋して掲載します。

(C) 2009『Dear Doctor』製作委員会

*良かった。
 地域医療とは何か考えさせられた。 (女性)

*考えさせられた映画でした。
 本当の必要性は何か考えさせられました。 (女性)

*どうしてもみたかった作品なので本当にありがたく、うれしかったです。 (女性)

*よかったと思います。 (女性)

*考えればキリのないおそろしい深さ、
 しかし鶴瓶のフシギなキャラクターが明るくしているのか? (女性)

*とてもいい映画でした。 (女性)

*面白かったです。
 家でDVDで観るよりも、ここで観られて良かったです。 (女性)

*考えさせられた内容でした。 (女性)

*医師不足が問題になって数年。
 これからますます高齢化社会になり、過疎化が進む周辺地域に住んでいる我が身にとって他人事ではありません。
 本当の医療とは何でしょう。 (女性)

*かづ子さんの生き方を貫くのは難しいが、ステキな生き方です。
 悲しくて、ほのぼのして、心がホッとする映画でした。
 ありがとうございました。 (女性)

*大変おもしろかったです。 (女性)

*よく出来た作品だと思う。 (男性)

*あれから村に医者は来たのだろうか?
 今の日本の本当に姿ですよね。
 最後のかづ子さんの笑顔にホッとしました。伊野先生も生きててよかった。
 こういう作品、もっと上映して下さい。 (女性)

*とてもタイムリーで良かった。(女性)

スポンサーサイト



2010.04.07 | Trackback(0) | 上映会

«  | HOME |  »

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ内検索

カウンター