スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

若松孝二 キャタピラー



6月14日の「キャタピラー」新潟試写会で若松孝二監督が観客に「ぜひ手にしてください」と力説していた「キャタピラー」のパンフレットが事務所にも届きました。

一般の映画パンフレットとは質も量も桁が違う読み応えで、いかに若松監督が渾身の思いで「キャタピラー」を世に問うのか、その意気込みがページの隅から隅まで読んでて伝わります。

この中の若松監督のインタビューはぜひ「キャタピラー」を観る前でも、観た後でも読んでいただきたいのですが、自身の子どもの頃の戦時中の空気から現在に至るまで世界で続いてる戦争に触れて「戦争によって人間が破壊されていくことはどういうことなのかを、正面から描きたかった」と映画に込めた思いを力強く語っています。

寺島しのぶさん、大西信満さんのインタビューはもちろん、田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、鈴木邦男氏、寺脇研氏、四方田犬彦氏ら気鋭の論客が若松監督と「キャタピラー」について様々な解釈を唱え、沖縄集団自決、元BC級戦犯死刑囚、フィリピン残留日本人と戦争体験者の悲痛な証言も収められています。

また疎開先が長岡だった半藤一利氏の特別寄稿「昭和の大戦はなぜ起きたのか」からさきの大戦の年表、データも収録されており、これ1冊で第二次世界大戦を総括するように悲惨な歴史を振り返ることができます。
さらに「キャタピラー」シナリオ採録もあります。

1冊1000円で事務所でも発売してます。
また8月7日の「ハート・ロッカー」上映会でも発売いたします。
ぜひ「キャタピラー」を観る前に手にとって読んでいただきたいです。

スポンサーサイト

2010.07.31 | Trackback(0) | ごあいさつ

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。