スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

It's All Over Now, Baby Blue

2012-06-20 001 2012-06-20 0012012-06-20 001 2012-06-20 002
2012-06-20 001 2012-06-20 0032012-06-20 001 2012-06-20 004

2012.06.20 | Trackback(0) | 当会ご案内

お母さん革命

kodama5_convert_20120618162936 (2)

1回目の「内部被ばくを生き抜く」上映会が無事に終了しました。
初めてとなる「アオーレ長岡」での上映会でいろいろと手際も悪いところがありましたが、
お越しいただきました方々、誠にありがとうございました。
用意していた作品のDVDが上映後に全て売り切れてしまったため、
急遽追加して次回23日19時半より上映いたします。
お客様より書いていただいた感想から抜粋して掲載します。

*大変ショックでした。福島の友人がどうしたらよいかわからない毎日を過ごしていると嘆いてたのが少し理解できた。
これからまた考えていきたい。 (60代・女性)

*福島の涙ながらに「かんたんに移住できない」と言ってたお母さんが印象的でした。(30代・女性)

*見てよかったです。子育て世代がもっと見るべきだと思いました。(30代・女性)

*とても良かった。もっと大勢の人に見てもらいたい。(50代・女性)

*鎌仲さんのこれまでの作品もぜひ上映会開いていただきたいと思います。(20代・女性)

*鎌仲監督の作品をほかのも全てみたいです。 (30代・女性)

2012.06.19 | Trackback(1) | 上映会

遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた

2012-06-17 001 2012-06-17 001

総会での決定のように当会は『コミュニティシネマ長岡』として新体制となります。
というか総会ではすでに名称変更が決議されて『コミュニティシネマ長岡』となりました。
新体制はいづれホームページを立ち上げると思います。

よってこのブログも「内部被ばくを生き抜く」上映会まで持つかどうかはわかりませんが、
休止となります。
せめて当会の思い出をダラダラと書き連ねたいと思ってましたが、
事態はそんな感傷は許されないようです。

とはいえ震災瓦礫受け入れに加えて国民的な論議もままならず再稼働が決定した
原発も含めて「内部被ばくを生き抜く」上映会はきちんと行うことは当会の責務だと思ってます。
宣伝に回って予想以上に関心のある方がとても多いのは、
この映画がまぎれもなく“現在”を投射してるからではないかと思います。

当会最後の上映会となりますが。

このスズランビル4F事務所は閉じるので撤収作業をしていく中、
以前上映会を開いた「モーターサイクル・ダイアリーズ」のポスターが出てきました。
たくさんの映画を上映してきましたが、
お客さんは入らなかったとはいえ、
もはや思い出にしかなりませんが、
この映画を上映できて本当に良かったです。

願わくば当会上映会でこの映画を観て人生が変わったという、
長岡の若者が現れてほしかったと。

2012.06.18 | Trackback(0) | 当会ご案内

コミュニティシネマ長岡

2012-05-24 001 2012-05-24 004

昨日、市民映画館をつくる会平成24年度総会が開かれ決定したことを報告します。

*名称を『コミュニティシネマ長岡』に変更。

*現在ある事務所を閉鎖し新事務所を以下に置きます。

雑本堂古書店 〒新潟県長岡市東坂之上町2-3-3
電話 0258-37-3512

現会長のもと新組織、新体制を決めて活動します。

2012.06.17 | Trackback(0) | 当会ご案内

エステラ・ドラダ



昨日の新潟日報にも掲載されていましたが、
杉田愉監督作「キユミの詩集 サユルの刺繍」が
”第13回トレラベーガ国際短編映画祭(スペイン・トレラベーガ)”にて
「エステラ・ドラダ金賞(第1位)」を受賞しました。
おめでとうございます!

http://www8.wind.ne.jp/isama-cinema/rekidai/sugita2003.html

2012.06.16 | Trackback(1) | お知らせ

Oi!limba



小林茂監督の作品「チョコラ!」でカリンバの音楽を担当したサカキマンゴーさんが
2009年以来、3年ぶりのライブを長岡で行うと、
今回のライブの手配をされる方からご紹介がありましたので掲載します。

平日になりますが会社帰りでも食事ができるようアジアン屋台のお店も出店するそうです。

カリンバこと親指ピアノの第一人者、サカキマンゴーさんのライブは間違いなくお勧めできます。

↓前回の長岡ライブの模様はこちら。
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-361.html

当会の活動をしてると映画のみならず音楽の見聞も広がっていくので面白いです。

【Date】2012/7/3(火)
【Place】長岡 音楽食堂
長岡市大手通1-4-17安栄館ビルB1F
0258-32-9336
onsyoku@gmail.com

【Time】Open 19:00~DJ start
20:00頃~ サカキマンゴーLive
【Charge】2,000円(1drink付)※小学生以下無料
【Foods】アロイ(アジアン屋台)

『サカキマンゴー』
日本のディープ・サウス鹿児島出身、アフリカの楽器・親指ピアノの演奏家。親指ピアノとロックを革命的に融合。
長岡市出身の映画監督・小林茂作品「チョコラ!」のエンディングテーマと劇中音楽を担当。
ダブやトランスも飲み込んだグルーヴに今こそシロメをむくのだ、越後の民よ!

【HP】http://sakakimango.com/j_index.html

2012.06.15 | Trackback(1) | お知らせ

「冬のアルパカ」完成記念・原田裕司特集上映 feat. ニゴリン



原田裕司監督より6月30日より下北沢のトリウッドで開催される
“「冬のアルパカ」完成記念・原田裕司特集上映 feat. ニゴリン"のチラシ画像が届きました。

画像を撮影した時に原田監督は気づかなかったそうですが、
ヒロイン仁後亜由美さんの右手の中指が立っています。
この映画の話をする時にアルパカさんが出てくる可愛いイメージを持たれる方が多く、
内心面喰ったりしているのですが、
仁後さんの中指が何に向けられているのか、
こちらも完成作を観ていませんが明かされると思います。
『アルパカ』のイメージを覆してる映画になるのではと。

また原田監督は長岡造形大生が撮影・編集したメイキングビデオを何らかの形で活用したいと考えてるようです。
こちらとしては映画を観た後に、例えばロビーのモニターで流していただくなどメイキングも見てほしいと願ってます。
映画つくりの面白さが伝わるよくできたメイキングビデオになっているので。

ちなみに二ゴリンとは言うまでもなく仁後亜由美さんの愛称のようです。

= 「冬のアルパカ」完成記念・原田裕司特集上映 feat. ニゴリン =

6月30日(土)~7月13日(金)
16:00/20:00                 
※火曜定休

当日 : 1,200円  マチネー割引 1,000円
☆<マチネー(昼の上映)>割引実施! 
平日16:00の回は、皆さま1,000円でご鑑賞いただけます.

上映作品 「コーヒー」「壁女」「苦顔」「冬のアルパカ」

「冬のアルパカ」 2012年/30分/HD

出演:仁後亜由美 伊藤公一 大迫一平 鈴木義君 ほりかわひろき 朝倉亮子
星野和之・大谷哲也(バックスクリーン) 田村専一 宇野祥平 他

雪深い山里。郁子は一人、アルパカ牧場で働いている。
豪雪のため、冬のアルパカ牧場には、お客は誰も来ない。
春はまだ遠く、借金だけが増えていく。
郁子は借金を返すために奮闘するのだが・・・。

http://homepage1.nifty.com/tollywood/2012/haradasp/haradasp.html

「冬のアルパカ」公式HP
http://fuyunoalpaca.web.fc2.com/

2012.06.14 | Trackback(1) | お知らせ

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

市民映画館をつくる会

Author:市民映画館をつくる会

〒940-0066
長岡市東坂之上町2-2-2
スズランビル4F

TEL/FAX
0258-33-1231

メールお問い合せ:
tsukurukai@lds5.com



http://www.mynet.ne.jp/~asia/
映画祭実行委員随時募集!!


携帯からもご覧頂けます。
QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。